英訳する時の大原則を知っていますか?

英語を習得する上で避けて通れないのが、日本語を英語に訳すこと。いわゆる「英訳」ですね。

英語に慣れてしまえば、「よし、英訳するぞ!」と敢えて気構えず、ごく自然にサラッと英語をアウトプットすることが出来るようになりますが、それは上級者のさらに上級者の話。英語を学んでいる身であれば、当分この作業を避けることは出来ないのです。

で、今日はちょっと真面目に「英訳」の大原則についてお話しますね。

まず、多くの日本人が勘違いしていることがあります。それは…「英訳」という行為が、日本語をそのまま100%違わずに、英語という別の言語に完璧に置き換えられる魔法だと思い込んでいること

これが、大きな間違い、勘違いなのです。

先にハッキリさせておきますと、日本語も英語も、ご存じの通り全くの「別物」の言葉です。まず言葉の由来(語源)も違いますし、当然文法も、単語も発音もまったく異なる言語なのです(それでも一部の単語の綴りや発音等が酷似しているという興味深い共通性があるというのもありますが、それはまた別の機会にお話ししますね^^)。

従って、日本語をそっくりそのまま100%英語に訳すことが出来るとは思わないで下さい。確かに、中には面白いほど意味もニュアンスもピッタリな訳語が存在します。願わくば、すべての語が日本語と英語で完璧に相互対応していれば楽なのですが…^^;、そうは問屋が卸さないのです。

では、一体どうすれば良いのでしょうか?

それが、英訳の「大原則」と言えるものですが、つまり…日本語を英語に訳す時、「日本語の字面をそのまま鵜呑みにして英語に訳してはいけない」ということが言えます。つまり、原文の日本語を読んで、それをそのまま機械的に英語に置き換えるのではなく、原文の「真意」を汲み取り、その真意を英語で表現するにはどうすれば良いか、と考える必要があります

日本語英語 ではなく

日本語その裏に隠されている「真意」英語

という変換の図式が重要なのです。

これを怠ると、非常に不自然な英語が出来上がります。そもそも、日本語も英語も共通点がほとんどない「異次元の言語」であるため、それを無理矢理つなげば不自然な結果となるのは当然ですね。

もちろん、中には何も考えずに日本語を英語の単語に置き換え、その順番を組み替えるだけで完璧な英語が出来上がる場合もあります。しかし、それがすべてに当てはまるわけではありませんので、英訳の際には上の「大原則」を忘れないようにしましょう。


【編集後記】エン座の冷たいうどん

 

udon

梅雨明けから一気に真夏の熱波にやられて食欲がなくなり…というのは真っ赤な嘘で、食欲がすべての欲望に勝っている私ですが^^;、近くのうどん屋さんに名物を食べに行ってきました^^ う、うまい…!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年7月12日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:ライティング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 矢幡 学 より:

    おっしゃられる通りです。最初の頃は、翻訳機(通訳者)があり、左から日本語のテープを挿入すると右から、英語がすぅっと出てくる様に思っていました。 今は日本語と英語は全く異質の言語でその真意をくんでTranslateしないといけないとつくづく思います。 大分の通訳研究会に出席し、先生から予め与えた課題日本文の英訳を発表する様に言われることがあります。ニュースを題材にしたものが殆どですが、背景にあるものをくみ取り英訳するのはかなり難しいです。先生は更に相応しい英単語を選ぶ事にも注意する様に指導されます。単に辞書で日本語から英語のWordを選ぶのでは駄目なこともある。 辞書の例文を参照してWordを選ぶ要がありエネルギーと時間をすごく使う。 通訳者は何故短時間にその様にピタリとした英訳をされるのか、本当に感心します。 何時になったら、自分も少しでもその領域に立ち入れるのか、一生駄目ではと思うこともあります。最近、仕事で中国人からe-mailを英語で送られて来て上司、同僚のために和訳していますが、英文をそのまま 忠実に和訳したのでは、不自然な日本語になる。時には英文を訳しない、逆に行間にあるものを日本語では補う必要があるとつくづく感じます。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ