それでも時間がないという方へ

最近、時間の流れが速くなっているなんて話を聞いて、まぁそれはただ単に皆年を取ったからなんだと思いますが^^;、とにかく毎日毎日があっと言う間に過ぎ去りますよね。

つい先日週末だと思っていたら、今週も明日で終わりですよ…

「少年老い易く学成り難し…」とはよく言ったもので、結局「時間がない!時間がない!」とわめき散らし続けて、気付けば棺桶に片足を…(オホン、失礼)

で、「英語を身につけよう!」と一念発起、一通り教材とか揃えて「いざ開始!」となると何だかんだで仕事や雑事に追われ、今日やろうと思っていた勉強は明日へ、そして明日が明後日になり…結局何も手を付けることなく半年、一年と経ってしまう…なんてことは誰にでもあることです(実際、私もそうですから^^;)。

そこで今日は「時間がない!時間がない!」と焦燥感にかられている方に一つとても良いアドバイスがあります。

それは…5分でも良いので、毎日必ず英語に触れる時間を作るようにする、ということ。

「あれ?でもそれって、渡邊さんが推奨する高負荷の条件を満たさないんじゃないの?」って思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。

しかし、今「時間がない」と言われている人に、いきなり高負荷のトレーニングをやれと言っても、なかなか出来るものではありません。本来は、確かに高負荷のトレーニングをいきなり実践した方が効果は高いんです。

しかし、それが難しくていつまでも英語の勉強を始められないのでは本末転倒になってしまいます。だから、今本当に時間がなくて、忙しくて、もうどうにもならないというのであれば、まずは最低1日5分の時間を英語と接するようにして下さい

忙しい忙しいと言われている方でも、いくらなんでも5分くらいは時間を作れますよね^^; それが無理という人は…すみませんが他をあたって下さい^^;

まず5分という時間を「英語と接する」専用の時間にします。それは単語を覚える時間にしても構いません。TOEICの練習問題を一問解くだけの時間にしても良いです。英字新聞の一記事(それが無理なら、その半分でも)を読むだけでも構わないのです。

そのようにして、まずは毎日の英語の勉強の「実績」作りから始めてみると良いです。これは必ずカレンダー等に記入して、目に見える形で「勉強した!」ということがわかるようにしておいて下さいね。

これを1週間でも続けると、不思議なことに、あんなに忙しかったあなたの毎日のスケジュールの中に「英語の勉強」という時間枠がポコンと生まれます。そして、初めは5分だけだったものが、知らず知らずのうちに10分、20分、30分、1時間、2時間…というように自然と「まとまった時間」を勉強に費やすことが出来るようになるのです。

最初から「よし毎日3時間勉強するぞ」「5時間やるぞ」と意気込むよりは、上記のアプローチでまずは「小さな英語の勉強の実績」を毎日5分でいいから作ってみる。すると、とてもスムーズに、自然に、ラクに、苦しむことなく「まとまった英語の勉強時間」を自分の生活の中に取り入れることが出来るようになります。

これは本当に効果がありますので、ぜひ実践してみて下さい^^

そうそう、実は8月から毎日数分~数十分程度で無理なく実践できる特別限定のメール講座を開講する予定です!

これは、例えば月曜日は英文法、火曜日はリスニング、水曜日はTOEICの過去問、木曜日はボキャブラリー、金曜日は英会話、土曜日はリーディング、日曜日はライティング…といった感じで毎日メールで問題と解答・解説が届くという特別な講座です^^

今日お話しした、毎日数分~数十分程度で無理なく始められ、「英語の勉強」を習慣化させることが出来るペースメーカーのようなメール講座となりますので、ぜひお楽しみに^^!


【編集後記】今日は七夕ですね!

milkyway

昔、アリゾナで見た天の川もすごかったけど、去年日光の戦場ヶ原で見た天の川は過去最高でした^^ 今年も見に行きたいなぁ…

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ