なぜ英会話が楽しくないのか?理由と対策

読者から「最近、英会話が全然楽しくないんです」というメールを頂きました。

よく読んでみると、初心者の頃は話せなかったけれども、単語だけを並べて口に出すだけで意外とコミュニケーションをとることが出来、それなりに楽しかったらしいのですが、英語が少しずつ上達するにつれて、果たして自分が口にしている英語は正しいのか?と思うようになり、今は不安でちっとも英会話を楽しむことが出来ないらしいのです。

普通、英語というのは上達するにつれて、どんどん楽しくなるものですよね。それはやはり、最初のうちは言いたいこともうまく言えず、当然相手が話していることもなかなか聴き取れず、それだけでストレスがたまってしまいますよね。しかし、英語が上達するにつれて言いたいことも言え、聴き取りも出来るようになると、一般的には「英会話が楽しく」なるものです。

で、この読者のメールを読み返してみると…一つの理由(原因)があることに気付きました。それは「不安」という感情です。

英語というものが、私たち日本人にとって母国語ではないセカンド・ランゲージだとすると、この「不安」感というのはずっとつきまとうものです。

「私の英語、正しいのかどうかわからない…不安だ」

「今の英語、通じたのかどうかわからない…不安だ」

「相手が言っていることを正しく聴き取れたのかどうかわからない…不安だ」

このように、日本人が英語を話す時、どんなに英語が得意な人であっても、常にそのような「不安感」がつきまといます。プロの通訳者でさえ、見た目は自信に満ちて堂々とふるまっているように見えますが、内心では不安で一杯ということがあるのです。

では、どうしたらこの不安感を払拭することが出来るのでしょうか。実は、その答えはそれほど難しいものではありません。

不安感というのは知識や経験・準備、スキルの不足からくるものです。つまり、英語の知識、英会話の経験、そして英語を話したり聴き取ったりするスキルを十分に身につけていれば、不安感に襲われることはないのです。適切に、そして十分に「準備」しておけば、それだけ不安感に襲われる確率が低くなります。

しかし、この「不安感」というのも全くの悪者というわけではなく、逆に言ってみれば「不安感」があるからこそ、それを払拭するために人間は努力することが出来るのでしょうね。不安感を抱くことはつまらないから、厭だから、勉強しよう!準備をしよう!と思えるのではないでしょうか。

いずれにしても、今英会話などで「不安感」に悩まされていて、ちっとも楽しくない…と感じられているのであれば、それを一つの機会(チャンス)と捉え、不安感をなくすためにしっかりと準備を行うようにして下さい。もうこれは、一つのマーカー(指標)のようなものと思ったら良いのです^^


【編集後記】え?…ここは日本ですよね?^^;

american

近くの駐車場にて(東京・練馬ですよ)。アメリカのパトカーが二台も置いてある…^^; 留学中は高速道路でよくこんなのに追っかけられたものです。しっかし、こんなのどこで手に入れるんだろ…(ちょっと欲しいな^^)。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ