KISSしていますか?

英語の勉強系らしからぬタイトルではありますが…期待していた人はごめんなさい^^;

何を隠そう、KISSというのはKeep It Simple and Short.の略のことです(Keep It Simple, Stupid.というのもありますが同じことですね)。

昔、アメリカにいた頃「どうしてそんなに日本人の英語はわかりづらいのか?」とよく聞かれました。これはアメリカ人はもちろん、他の国々から来ている留学生にもよく言われましたね~。

私もそうでしたが、当の日本人はそんなにひどい発音とアクセントで話しているつもりはないんです。むしろ、中東系や南米系の訛りの方がひどいのではないかと感じるくらいなんですよ。

しかし、ネイティブスピーカーからすると、日本人の英語ほど聴き取りづらいものはないと言うんです。その理由として、

1.日本語のような発音の英語を話すから(いわゆる「カタカナ英語」)

2.オドオドしていて自信がなさそうで、しかも声が小さいから

3.説明がくどく、要点がわかりにくいから

という点があるようです。

確かに、なるほどなぁとは思いますが、1の発音に関しては仕方ないですよね。だって、私たちは日本人なんですから^^ 日本語の発音にはないものが英語にはあって、ただそれを発音することが難しいから、という単純な理由なんですよ。

2の「オドオド」についても、よく言われますよね。戦後66年、もうそろそろ欧米人に対する劣等感を克服しても良いのではないかと思いますが、いまだに日本人の多くは欧米人を目の前にするとオドオド、自信なさげになります。

英語がうまく話せないのであれば、せめて大きな声で相手を圧倒しましょう。いえ、別に喧嘩する必要はありませんが、下手な英語でも大きな声で、ハッキリと、堂々と話せば100倍通じるものです。

そして最後の3「説明がくどく、要点がわかりにくいから」…

実はこれに対する戒めの言葉がKISSなんです。Keep It Simple and Short.つまり、英語を話す時にはなるべくシンプルに短く話すという鉄則ですね。これ、本当に重要なんですよ。

なぜ日本人の英語が「説明がくどく、要点がわかりにくい」のかと言うと、結局英語の頻出フレーズを知らないから、なんですね。つまり、単語を組み合わせて、その場その場で英作文をして話そうとするから、どうしても冗長な、しかも不自然な英語になってしまうわけです。しかも、何回も言い直したり、説明し直したりするから、更にワケわからない英語になってしまう…。

英語が得意な日本人は、単語単位で話そうとしません。もう、フレーズ単位で話そうとします。すべてまとまった慣用表現で、あとはその組み合わせで話すわけです。だから無駄がなく、シンプルでわかりやすい英語になります。


【編集後記】ハイテク笛は楽しい

windsynth

この笛、ウィンドシンセと言いまして、ただの笛ではないのです。音源に接続することでサックスやフルート、さまざまな楽器の音をかなりリアルに出すことが出来ます。まだ上手く吹くことが出来ませんが…号泣

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ