受験英語信仰の呪縛から逃れよう

TOEIC900点取ったとか、英検1級もっていますとか、英語の資格取得に
関する関心はますます高まる一方、いまだに日本人の英会話能力は
世界最低レベルです。

一時期(今もそうですが)資格を取ることがブームとなり、なんとOLが
ユンボ(建設用重機)の免許を取ったという話まで聞きました。

昔ティラミスが流行った時、ラーメン屋でもティラミスをメニューに入れた
という笑い話がありましたが、まあ似たようなもんでしょうか(笑)

日本人の資格取得に対する過剰なまでの信仰はとどまることを知りません。

しかし、何度も言いますがTOEICで900点とったから英語が話せるとは
限りませんし、逆に英検なんて受けたことがないという人でも、
ペラペラの人はたくさんいます。

まず、その辺の受験英語信仰を崩す必要があるんですね。

資格なんかあっても実用英語では屁の足しにもならんのです(笑)
受験英語というのは、受験者の英語能力を評定するためのものですが、
同時にたくさんの志願者をふるい落とすためのものでもあります。

そのような本質がある以上、必要以上に意地悪な問題が出てくるのも仕方
がないことです。意地悪な問題でもこなせる人が真の英語力があると
考える出題者もいるわけです。

しかし、そのような問題を解くことばかり得意になっても、本当の意味で
の英語力がついたことになると思いますか?

学校の成績は良くなるかも知れませんね。確かにTOEICの点数だけ取れれば
出世の助けになるかも知れません。自慢することも出来ます。

でも、それで実際には英語を話すことは出来ないというのでは、
ちょっと虚しいとは思いませんか?

英語を本当の意味で身につけること、学習することと、英語の資格試験で
良い点数を取るということはまったく別な問題と認識すべきです。

まずは、そこから意識改革をしてみることが重要です。

日本人が英語の勉強を始めるというと、どうしても受験英語の勉強に
なりがちです。例えば、単語帳と睨めっこしたり、構文を覚えたり、
英文法の法則にこだわるとか…。

その辺をとりあえず、全部捨ててみて下さい。

いえ、参考書を本当に捨てるのではなく、閉じて横に置いておくだけで
いいです(^^;

実際には、このような受験英語の呪縛から逃れることは容易なことでは
ありません。私たち日本人の体にこびりついてしまっているからです。

次号からさらに詳しくお話ししていきたいと思います!

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2006年7月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ