こんなことで英語の発音が良くなるんです

英語の発音で悩まれている日本人は少なくありません。

なぜ英語の発音は難しいのか?その答えはとても簡単で、要するに日本語には存在しない発音が英語にはたくさん存在するからです。そして、そんな「日本語には存在しない英語の発音」を無理矢理「日本語の発音」で発しているから、おかしくなるわけですね^^;

例えば「TH」の発音。これに一番近い日本語の発音は「ス」とか「ズ」なのですが、厳密には日本語の「ス」や「ズ」とはまったく異なる音です。他にも「R」や「L」は、どちらも日本語ではラリルレロの発音に代えて発音されるわけですが、当然ながら英語では二つにそれぞれの音が存在します。

このように「英語特有の音」を「日本語の音」に置き換えて発音してしまうから、多くの場合は通じないか、かろうじて通じたとしてもヘタクソな英語にしか聞こえないわけです。

で、究極の結論を言ってしまえば、良い英語の発音を手に入れるためには、日本語には存在しない英語の発音(音)を知り、それを意識して口に出そうとすることです。つまり、英語を聴いたら、聴こえた通りの音を再現しようと試みること。それしか方法はありません。

しかし、そうは言っても今英語の発音がヒドイ人にとっては、それすらも難しいわけです。まず「聴こえたままの発音」というのがどんなものかわからないでしょう。更にそれを再現するのは至難の業かと思います。

そんな「どうにもならない!」という人のために、今日は一つ大きなヒントを教えましょう^^ 英語の発音を良くするために、誰でも簡単に出来て、しかもお金がかからない最高のトレーニングは…ズバリ「英語の音読」です。

「えー音読ぅ?」

はい、音読をバカにしてはいけません。音読こそが英語の発音を改善する上で必要不可欠な究極の発音矯正トレーニングなのです。ただし音読といっても、「発音矯正」を目的とする場合には、いくつかの注意点がありますので気をつけて下さい。それは…

1.とにかく大きな声で

2.ハッキリと

3.元気よく発声・発音すること

実は、日本語と英語との違いの中で大きなものが「発音」そのものだけでなく、「呼吸(息づかい)」といえます。慣れてくるとわかりますが、英語が上手な人は息をたくさん使うのです。

日本語ではあまりたくさんの息を使わないでも普通に話すことが出来ますが、英語ではより多くの空気を行き来させて、それによって英語特有の発音を出しているわけです。これは、特に日本人であれば意識していないとなかなか身につけることが出来ないワザと言えますね。

ただ、こんなトレーニングでも1週間も続けるとすぐに違いがわかるようになります。出来れば音読トレーニングを始める前に、現在のあなたの英語の発音を録音しておいて下さい。そして、1週間程度トレーニングを行ってから再度録音したものと聴き比べると、その驚くほどの違いがハッキリとわかると思います^^

ぜひ試してみて下さいネ。


【編集後記】我が家のチンアナゴさん

chinanago

これ、ムーミンに出てくる「ニョロニョロ」みたいですが、アナゴの一種でチンアナゴ(spotted garden eel)といいます。とっても臆病で、いつも砂の中の穴に入っていて餌をあげる時だけニュ~っと出てくるんです^^

あまりに臆病なので、この人とニシキアナゴさんというオレンジ色の人だけ専用の水槽で飼っています(ニシキアナゴさんは更に恥ずかしがり屋さんなので写真撮影さえNGです)。

うちでは「ニョロヘビさん」と呼んでいます。かわいいでしょう?^^




矢印



矢印

英会話だけでなくライティング、英文法や試験対策も必要という方は絶対コレ!

矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年6月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ