リアルタイムで英語を話すには?

英会話ではスピードとリズム感が大事だということをお伝えしてきました。

会話というものは相手がいる以上、常にリアルタイムのインプット(聞き)
とアウトプット(話し)が必要だからです。

今英語を話すことが出来ない人は、リアルタイムで英語を聞き、話すことが
難しいわけです。

それでは、どうすれば英語を話すことが出来ない人がスピードとリズム感
を伴ったリアルタイムのインプット(聞き)ととアウトプット(話し)
が出来るようになるのでしょうか?

その答えこそが、英語を話せるようになる鍵と言えます。

実は、これにはいくつかのアプローチがありますが、共通して言えること
は「頭で考える時間」を可能な限りゼロに近づける、ということです。

今、英語を話すことが出来ない人というのは、ほとんどの場合、英語を
頭の中で考えながら話しているはずです。考えながらというのは、つまり
日本語の文章を頭の中で一生懸命英訳しながら話す、ということです。

会話においては、そんな無駄な時間が致命傷となります。

前にもお伝えした通り、会話はテンポ良いキャッチボールのようなものです
から、えーとえーと…なんて頭の中で英訳している間に相手がシラケて
しまうわけです。考えながら話すから、幼稚な会話しか出来ません。

では、どうすれば良いか?

一番良いのは、「頭で考える」時間をゼロにすることですが、今英語を
話すことが出来ない人がいきなりそんなことを出来るはずがありません。
(実は、私の英会話マニュアルではその方法を紹介しています)

理想的には「頭の中で日本語を英語に訳してから話したり、聞き取った英語
を日本語に訳して理解する」といった悪循環を完全に取り払うことが
出来れば良いのですが、すぐにそれが出来ない人は、少なくともそのような
悪循環の時間を出来るだけ短縮するように心がける必要があります。

人間には新しいことに「慣れる」能力があります。

一つの作業や行動を覚える時、最初はすばやく行うことが出来ません。
しかし、そのような作業や行動も反復して恒常的に行うことで、意識せずに
よりすばやく行うことが出来るようになります。

今英語を話すことが出来ないという人でも、例えばパソコンのキーボードを
ブラインドタッチで打つことが出来る、という人は多いのではないでしょう
か。

最初は、誰もがキーボードをゆっくり打っていたはずです。
えーと「Z」のキーはどこだっけ…なんて探しながら(^^)

それがいつのまにか頭で考えずに(しかも目で見ることもなく)無意識的に
キーを打つことが出来るようになります。それもすごいスピードで。

別に天才だけがキーボードをブラインドタッチで打つことが出来るように
なるわけではありませんよね。

ほとんどの人が、反復した練習によってそのような能力を容易に身に
つけることが可能です。それは皆さんもよくご存知だと思います。

そして、それは英語の習得にしても同じことなんですね。

反復して慣れることで「頭の中で日本語を英語に訳してから話したり、
聞き取った英語を日本語に訳して理解する」といった英会話での無駄な時間
を出来る限りゼロに近づけることが出来るようになります。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2006年7月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ