先読み・先聴きのススメ

今日はリスニングのお話。「先読み・先聴きのススメ」です。

「先読み・先聴き」って何でしょう。よく、TOEICの試験対策というか、裏ワザ的な攻略法の一つで「先読み」という有名なものがありますが、それとは違います。

「先読み・先聴き」というのは英語を聴き取る際の、一つの姿勢というかコツですね。これを癖にすると面白いほど英語がよく理解出来るようになるんです。

一般に、英語のリスニングというと、相手が話していることを聴き、その後に内容を頭の中で訳して理解する人が多いかと思います。

しかし、実を言うと英語の聴き取りが上手な人というのは相手が話している内容のみを聴き取って理解しているのではなく、相手が話そうとすることを先に想像して、理解しているのです。

だから、「先読み・先聴き」というわけですが、これは本当に重要なコツなんですよ。相手が何かを言ってから、それを理解するのでは遅すぎるわけです。

特に私たちは英語を母国語としないノン・ネイティブですから、少しでも理解が遅くなると、それだけでもう会話についていけなくなります。

そして、ちょっとでも会話のテンポに乗り遅れると、次が理解できなくなり、さらにその先も理解できなくなるという悪循環に陥ってしまいます。

だから、英語を聴き取る時には、先手、先手で内容を把握していきます。相手が半分話したら、その先の内容、つまり「相手が言おうとしていること」を勝手に想像して先に理解してしまう。

この時のコツとしては、「自分だったら、こういうことを言うだろう」と自分を相手の立場に置き換えて想像すること。

難しかったら日本語での会話で練習してみて下さい。相手が何かを話していたら、常にその先を想像する癖をつけるのです。たったそれだけのことですが、英語のリスニングではとても大きな違いを生み出すことが出来ます。

重要なことは、人は相手が話していることだけを聴き取って理解しているのではなく常に「自分の勝手な解釈」で理解しているということ。

これに気付くことが出来れば、英語のリスニングはとてもラクになります。このお話、もっと詳しく知りたい方はぜひ「とりコレ!裏ワザ 新・英会話マニュアル」第4章(140ページ以降)をじっくり読んでみて下さい^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年5月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ