リーディングの秋です

英語の勉強でリーディング、すなわち「読み」のトレーニングを積極的に行っていますか?

リスニング(ヒアリング)とか、単語の暗記や英文法の勉強などは積極的に行ってもリーディングについては特に意識してやっていないという方も多いのではないでしょうか。

実は、語学の習得というのは、つきつめてみれば「インプット」の量なんです。

これはいつも言っていることですが、英語にしても日本語にしてもフランス語にしても、私たちが使うことが出来る「言葉」というのは、私たちが「頭に入れた言葉」だけなんです。

話したり、書いたり出来る英語というのは、つまり私たちが耳にしたり、読んだりした英語だけということです。厳密には、そのようにインプットされた「断片」を再構築してアウトプットすることが、すなわち「英語を話すこと」というわけです。

で、今日特にお勧めするのは英語の「リーディング」

ここで注意して頂きたいのは、英語なら何でも良いと思って片っ端からむやみやたら教材や本を買ってきて読むこと。これはやめましょう。

まず、リーディングのトレーニングを行う場合は、自分が興味・関心を持てる分野の題材を用意することです。英字新聞を毎日読もう!なんて言うとちょっとかっこいいのですが(^^;自分が興味・関心を持てないとかなり高い確率で「挫折」してしまいます。ですから、ここは必ず「自分が興味・関心を持てる分野」の英文を読むことです。

でも、そんな英文どうやって探すの?なんて言わないで下さいね(^^;

今の時代はインターネットがありますから!海外のYahoo!でもGoogleでも使って自分の趣味、興味のある対象を検索してみましょう。

それだけでものすごく力がつきますよ(^^)

それでは、また明日!




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2009年9月2日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リーディング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ