重要な話!能動的なリスニングの方法とは?

今日はリスニング特集の続き。

能動的なリスニングの方法と実践のお話です^^ 日本人で英語の聴き取りが苦手な人は英語を「聴き取る」ことが受動的になってしまっている人がとても多いです。

受動的・能動的なんてちょっと難しい言葉ですからもう少し簡単に説明しますと…

英語を聴く時に、とにかく相手の言っていることや英会話教材の音声CDなんかをただ単に受け身的に聴き取っているのを「受動的」なリスニングと言います。

つまり、こっちはただ黙って聴いているだけで、こちらから何かをしようとは思わないわけですね。ただ「聴いているだけで…」「聴いてさえいれば…」内容が理解できると思い込んでいるのです。

しかし、実を言うと母国語である日本語であればそういう「ダラっとした」聴き方でも理解できるかも知れませんが、英語という私たちにとっては理解しづらい言葉を受け身のまま聴いていてもなかなか理解出来ないものです。

ではどうすれば良いのか?

そこで出てくるのが「能動的なリスニング」です。能動的なリスニングというのは、すなわち「ただ黙って聴いている」のではなく、こちらから「理解しよう!」という姿勢で臨むリスニング法のことです。

そもそも英語のlisteningという語は「傾聴する」という意味があります。つまり、単にボヤっと聞いているのではなく「理解しよう」という意図のもと、能動的に耳を傾けて「聴き取る!」という意味があるのです。

耳を傾けて、しっかり内容を理解するために聴き取る!ということですね。そのために重要なことがいくつかあります。一つは、「想像力」をフルに働かせること。相手が言っていることの単語や表面的なことだけをただボーっと聞くだけではダメなんです。

聴き取れない人でも、所々で耳に残った語から話の内容を想像してみること。これが本当に重要ですね。そしてもう一つは「相手を自分に置き換えること」です。相手が何を話そうとしているのか。それを理解するためには、相手を自分に置き換えて自分ならこういうことを話すだろうと考えてみるのが一番です。

まぁ、これも一つの想像力とは言えますが、非常に大切なことです。それから「スピーキング力」も大事ですね。「リスニングなのになぜスピーキング力?」と思われる方も多いことでしょう。しかし、結局のところ英語を理解することというのは「自分が知っている英語の表現」と「相手が話している英語の表現」とを頭の中でマッチさせることなんです。

ということは、つまり…

自分の中の英語表現のボキャブラリーが多ければ多いほど有利になります。今日お話ししているこの話は今リスニングで悩んでいる人には本当にためになる話なんですよ^^

もし、あなたがこの話をもっと詳しく知りたいのであれば、ぜひ「とりコレ!裏ワザ~」教本の第3章(140ページ以降)を読んでみて下さい。「英語を聴き取ることってそういうことだったんだ!」と心がスッキリすることでしょう^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年4月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ