バイリンガルが必ず実践している秘密

今日は「バイリンガルが必ず実践している秘密」というお話をお送り致します^^

皆さんは「バイリンガル」と聞くと何を連想しますか?帰国子女とか、海外生活の長い人とかそんな感じでしょうか?

もちろん、そんな「英語のエリート」がバイリンガルであることは別に珍しい話でもありません。

今日お話するバイリンガルはそんな「海外生活が長かった人」ではなく日本で普通の、一般的な暮らしをしているにも関わらずネイティブスピーカーのように英語をペラペラと流暢に話せる日本人のことです。

実はそんな日本人が私の周りにはたくさんいます。皆、実際に英語がうまいです。普通に、アメリカ人なのではないか?と思う程の発音で話すことが出来ます。

しかし、彼らの多くは別に海外生活が長いわけでも長期留学をしていたわけでもないんです。

では、どうしてそんなに英語が上手になったのか?そこがとても気になるところかと思います。

実は、バイリンガルの日本人は一般の日本人の英語学習者があまり重要視していないことに目をつけているのです。別の言い方をすれば、日本人の英語学習者がよくやるような単語の暗記とか、英文法の勉強といったいわゆる「受験英語的な勉強」をあまりやらないという傾向があります。

そのかわり、彼らは「英語のフレーズ」を大切にします。英語のフレーズというのは単語単位でない、ひとまとまりの英語表現のことですね。

例えば You made my day!という英語のフレーズがあります。何か良いことをしてもらった時などに「あなたのおかげで良い一日になった」という意味で使う定番の表現ですね。

で、バイリンガルの日本人というのはこういう表現やフレーズをいちいち分解したり、文法的な解析をしたりせず、そのまま頭に入れて、自分の表現に取り入れてしまいます。

そして、そのフレーズを知ったシチュエーションと同じシチュエーションに遭遇したら、そのままのフレーズを口にします。

一方、なかなか英語を話せるようにならない日本人というのは、これをいちいち単語単位でバラバラにしてYouは「あなた」makeは「作る」で、その過去形「作った」myは「私の」で、dayは「日」だから…のように分析し、

「あなたは私の日を作った…?」ハ?なんじゃそれ!?…という展開になりがちです^^;

さらに発音についてもバイリンガルの日本人はYou made my day!であれば「ユーメマィディ!」とひとまとまりで覚えてしまいます。一方、英語が苦手な人は「ユー」「メイド」「マイ」「デイ」と分割して発音しようとするのでモロ「日本人的発音」になってしまうわけですね。

このように、バイリンガルの日本人というのは「英語のフレーズ」を大切にします。単語単位ではなく、フレーズ単位で表現を覚えているんですね。

だから、表現も発音も非常にネイティブっぽく聞こえるというわけ。この秘密、結構大切なんですよ^^ぜひ、心に留めておいて下さいね。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ