文法書を読まずに英文法を身につける方法

今日は英文法の習得に関するお話です。

英文法を習得するといったら、ほとんどの人が英文法書を使って勉強しようとします。しかし、ちょっと待って下さい!私たちは英語を話すことは苦手でも日本語を話すことは出来るわけですが、日本語を話せるようになるにあたってこれまでに日本語の文法書を本格的に読んだことがあるでしょうか?

おそらく、ほとんどの人が「ない」と答えることでしょう。

まぁ、確かに小学校でも中学校でも「国語」の時間で多少の文法は勉強しているわけですが、かと言って、それを基に会話をしている人はいませんよね^^;

それでも不思議なことに、私たちは日本語を適切に話すことが出来るし、それだけでなく文法の違いによる微妙な意味の違いを認識することが出来るんです。私たちのほとんどが日本語の文法書を読んだり、または専門的な文法の教育というものを受けた覚えがないのにも関わらず、ですよ。

実は、英文法というものを習得するにはこの部分をよく理解した方が良いんです。つまり、英文法を本当の意味で理解するには英文法書なんかをチマチマ読んでいても仕方がない、ということです^^ そうではなく、英文法を理解するためには英文法を「経験的」に習得した方が良いんです。

「経験的」というのは、別の言い方をすれば「感覚的」、もっといえば「体で覚える」ですね。理論ではなく、感覚的に身につけてしまう。確かに「英文法」というのはロジック、理論のカタマリみたいなものですから、それを「感覚的に」というのはとても奇妙な話に聞こえるかも知れません。

しかし、現実にはそうやって理解した方が、正確に、使い分けが出来るようになるのです。では、具体的にはどのようにすれば英文法を「経験的」「感覚的」に身に付けられるのでしょうか。

最高なのは、自然で美しい英語に触れる機会を出来る限り増やすことです。つまり、質の高い「インプット」を増やすことですね。そのためには、きれいな英語で書かれた新聞や雑誌、洋書などを読んだり、アメリカやイギリスのニュース番組等を視聴してみるのが良いです。

実際に読んだり聞いてみたりすれば自然にわかりますが、きれいな英語、美しい英語には独特の表現法則、パターンがあります。それこそが、英文法のルール、決まりごとそのものと言えます。

「こういう時には、こういう表現をする」

「こういう時には、こう言わない」

そのような法則・ルールが分かるようになればあなたは本当の意味で英文法を理解したことになるのです。

この方法・アプローチであれば英文法書なんか読む必要はありません。まぁ、最後の確認としてちょっとだけページをめくる程度で十分でしょう。実際に、私自身もこれまで英文法書を本格的に勉強したことなんてないのですから^^

それでも、英語を話せるようになりますし、自然な英文を書くことだって可能なんです。大切なのは、文法書を読むことではなく自然で美しい英語をたくさんインプットし、その中で「法則」や「パターン」に気付くことです。

そっちの方がよほど簡単ですし、時間もかからないですから、ぜひ試してみて下さい^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年4月8日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英文法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ