英語を上手に話すセンスを身につける正攻法

「あの人は服のセンスがいい」とか「君はユーモアのセンスがあるね」とか、よく「センス」という言葉を耳にしますが、英語においても、この「センス」というのは非常に大切です。

簡単に言ってしまえば、「英語を話すセンス」がある人は英文法とか語彙とか、そういった教科書的な知識がなくてもものすごく上手に英語を話すことが出来ます。

逆に言えば、「英語を話すセンス」がない人はいくら難しい英文法知識を持っていてもいくら難しい単語をたくさん知っていても英語がヘタクソです^^;

だから、重要なのは英文法の知識や語彙を増やすことではなくどちらかといえば、この「センス」を磨くことが何よりも大切なわけです。

では、その「英語を話すセンス」というものを実際に身につけるにはどうすれば良いのでしょうか。

一番手っ取り早く、同時に正攻法と言えるものが「インプット」と「アウトプット」を増やすことです。

ここで言うインプットというのは、要するに英語を「読んだり」「聴いたり」することですね。アウトプットというのは英語を「書いたり」「話したり」することです。

英語を話すセンスがある人というのはとにかく英語表現のストックが多いのです。なぜストックが多いのかと言うと、それだけ普段からアンテナを広げてさまざまな「英語情報」を頭の中に入れているから、です。

これは別に難しい英語の勉強をしろといっているのではなく、最新の映画(洋画)や海外ドラマを積極的に観てみたり、趣味でも興味のあることでも良いので、海外のサイトを読んで回ったり、最新情報を収集してみたりと常日頃から積極的にアンテナを

広げておくということです。そして次に、これらのインプットした英語を積極的に表現(アウトプット)してみる。英語で日記を書くのも良いでしょう。ブログやツイッター、フェイスブック等英語で情報発信するものお勧めです。

もちろん、力試しとして英会話スクールや外国人が集まる場所へ行きそこで実際に会話をすることも重要ですね。このように「英語を話すセンス」を身につける方法の基本と言えるのが「大量のインプット」と「大量のアウトプット」なのです。

そして、それらの作業は決して辛く苦しいものではなく、むしろ趣味や遊びの延長のような感覚で行えば、非常に楽しいものです。

「英語を話すセンス」と言うと元々そういう才能があったのでは?なんて思われるかも知れませんが、そんなことは決してなく、結局はこの「インプット」と「アウトプット」の量を増やすことが一番の近道なのです。

この「インプット」と「アウトプット」の量の具体的な増やし方については既に販売を終了した「英語英会話マニュアル教本」で詳しくご紹介しています。今なら、「とりコレ!」教本をお申し込み頂いた方限定で同時お申し込みが可能ですのでどうぞこの機会に読んでみて下さいね^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ