「月曜日なら都合のいい女」で何が悪い!

先月頃から話題となっている大手英会話スクールの広告。一つは、きれいなビジネスウーマンがキリッとした面持ちで「はい、私は、月曜日なら都合の良い女です」と言っているもの。

そして、もう一つはメガネをかけたビジネスマンが、これまた真面目な顔で「お客様をお送りするので、私をタクシーと呼んでください」と言っているもの。

そして両方とも下の方に「あなたの英語はこんなふうに聞こえているかも知れません」という脅し文句が書いてあります^^;

まー、こういうステレオタイプというか、英会話業界の、常套手段的な宣伝文句というのはいつも呆れてしまいます。

おそらく「はい、私は、月曜日なら都合の良い女です」

というのは「Yes, I’m convenient on Monday.」

「私をタクシーと呼んでください」

というのは「Please call me taxi.」

という英語表現の訳だと思いますが…

どこの世界にビジネス会話の場面でYes, I’m convenient on Monday.を「はい、私は、月曜日なら都合の良い女です」と受け取る外国人がいると言うのでしょうか^^;

よほどの好きモノか、セクハラおやじでなければそんな勘ぐった意味に捉える奴なんかいるわけありません(爆)

Please call me taxi.にしても然り。客を送るというシチュエーションで「私をタクシーと呼んでください」と理解する外国人がいたらよほどのバカか、並外れた想像力をもった天才かのどちらかでしょう^^;

良い機会ですからハッキリとお伝え致しますが、人が言葉を理解する時…これは英語でも日本語でも同じですが一つ一つの単語で内容を理解しているのではなく、全体の会話の流れから内容を推測して理解しているのです。

だから、「月曜日は都合が良いですか?」と尋ねた質問に対しYes, I’m convenient on Monday.を「はい、私は、月曜日なら都合の良い女です」と捉える人間はこの世にいません。これは文法云々の話ではないのです。

同様に客を送るというシチュエーションでPlease call me taxi.と言ったとしても「私をタクシーと呼んでください」と理解するような人間は存在しません。それは、私たちが普段使っている日本語の会話で想像してみても明らかではないでしょうか?

そして、この広告の最後に書いてあるキメのキャッチフレーズが

ちゃんとした英語を。仕事ですから。」

だって!(大・爆・笑)

まぁ、私からすれば勝手に「ビジネスごっこ」でもしていて下さいな、という感じですね^^;

いつも言っていますが、英語は言葉、コミュニケーションのツールです。そして、それはもっと自由で楽しく、感情豊かに色々なことを相手に伝えることが出来る、ステキな言葉なのです。英会話スクールの脅し文句にオドオドしながら、ギスギスした気持ちで眉間にシワを寄せながら習得するものではありません。

もっと楽しく!もっとワクワクしながら英語を身につけてみませんか?




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ