「英語っぽく」発音するコツとは?

「英語っぽく」発音するコツについて。

昨日の「右脳・左脳」の話に通じるものがありますが、英語の発音については、これは「音」ですから、まさに「右脳的」な力がとても重要となります。

昨日のおさらいとして「右脳=音や映像などを認識する脳」「左脳=言葉や論理的なものを認識する脳」という考え方があります。

まさに英語の「音」を捉えることや「音」を再現する力というのは右脳的な力に負うところが多いわけです。

だから、英語の発音を上達させるにはまず英語の「音」そのものを聞こえたままに口にするのが一番なわけですが、どういうわけか、日本人はそういうアプローチを嫌う傾向があります。

例えば単語などを覚える時に一緒に発音記号を覚えたりします。確かに英語の試験などで発音記号を覚えていなければ点を取ることが出来ないから仕方なく…というのもありますが^^;

実際の英会話においてはいちいち英語の発音記号を思い浮かべて発音する人など存在しません。では、英語の発音が上手な人はどのように発音しているのでしょうか?

実は、このヒントは子供が言葉を覚える過程を考えてみると簡単にわかります。子供(幼児)が日本語でも英語でも新しい言葉の「音」を耳にするとそれと同じ「音」を再現しようと「それっぽい音」を真似て発音します。

例えば、KitKatというチョコレートがありますが、日本では「キットカット」と発音しますが本来の発音は「キッカ」なんですね。大人は、KitKatという文字を読むから「キットカット」と発音してしまうのですが、幼児は文字を読むわけでもないのでネイティブが発音する「キッカ」という音だけを頼りに、聞こえたままに「キッカ」と発音するわけです。

で、これが本当の本当に【重要】で英語の発音が上手な人というのは、とにかく幼児のように「聞こえたまま」「それっぽく」発音しようと試みるのです。

それは、モノマネの声帯模写にも通じるところがありますね。出来る限り、音をそのまま再現しようとすることが大切なのです。

ここで一つ重要な要素として「恥ずかしがらない」ということも言えます。確かに、子供(幼児)はあまり恥ずかしがることがありません。

大人はどうしても周囲を気にしてしまいがちなので日本人である自分がこんな「大胆な(!)」発音をしても笑われないかしら?と要らぬ心配をしてしまうのです^^;

しかし、私としては英語を話そうとしているのにいつまで経っても日本人っぽい発音を続けていることの方がよほど「恥ずかしい」と思います。ぜひ、大胆に、カッコよく英語を口にしてみて下さい^^

本当に、そんなに難しい話ではないのですから。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ