だから変な英語になってしまうのです

今日は「変な英語になってしまう」というお話です。

英語を一生懸命喋ろうとするわけですがどうしてもヘンテコリンな表現になってしまう…ネイティブの英語とは違う…相手に理解してもらえない…と、お悩みの方は多いです。

そもそも、日本人の英語がヘンテコリンなのは日本語をそのまま英語に直そうとしていることが原因であることが多いのです。もっと言えば、「日本語的な発想」をそのまま英語に変換してしまうから

どうしても無理が生じるわけです。特に大きな誤解として、すべての日本語は、そのまま完全に英語に変換出来ると信じて疑わない人が多いのですが、まず日本語と英語の表現で100%一致するものは存在しないと思っていた方が良いです。

例えば、日本語でよく言う「よろしくお願いします」という表現は厳密に英語に訳すことは出来ません。

辞書を調べるとThank you for your continued help.だとかThank you for your attention.とかThank you very much in advance.などという表現が出てきますが、それらが必ずしも全てのシチュエーションで100%正しい表現・訳語であるとは限らないのです。

むしろ、下手に使うと誤解を招く恐れもあるでしょう。

なぜかと言えば、簡単な話ですが日本語と英語はまったく異なる言語だから、です。そもそも一致している部分なんてほとんど無いわけですね。それを何とかして無理矢理「こじつけている」のが我々翻訳者や通訳者の仕事というわけ^^;

で、どうすればヘンテコリンな英語にならないように出来るか?という話ですが、「日本語を英語に変換(訳)」という部分にあまり過度の期待をしない方が良いです。

日本語を英語に変換(訳)した時点で、ヘンテコリンな表現になることは覚悟しなければいけません。つまり、100%伝えようと思っても無理!ということです。

それをなるべく100%に近づけようとするのが翻訳者や通訳者の力量といえます。では、翻訳者や通訳者でさえ100%伝えることが難しいというのに、一般の人たちはどうすれば良いのでしょうか?はい。答えはとても簡単で、日本語を主体に考えず、英語を主体に表現を考えると良いのです。

つまり、先に「日本語の表現」ありきで考えるのではなく「英語の表現」をシチュエーションごとに先に知っておき、その中で自分が表現したいことに一番近いものをそのまま口にしてみるまたは書いてみる…というのがベストと言えます。

そのためには、普段からリーディングやリスニングといった「インプット」系のトレーニングを欠かさず、常にアンテナをはって、「英語の表現」をどんどん自分の中にストックしていくことが重要ですね。

そして、それらの「リアルな英語表現」をそのまま口にしたり、書いてみたりして下さい。それだけであなたの英語力は格段に向上するはずです^^

「リアルな英語表現」をたくさん集めて紹介しています。詳しくは私の「とりコレ!」教本の39ページ以降、「とりコレ!フレーズ集」を読んでみて下さい^^ 週末読むだけであなたの英語がものすごくパワフルになりますよ!




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ