英会話では常に一つの冒険(チャレンジ)を

新しく買った子供の携帯電話から突然サイレンのような音がするのでびっくりしたら、「緊急地震速報」のメールが!

朝から福島県浜通り地方では震度5強の地震が三回も続き、東京でもユラユラと揺れを感じました。本当に今回の地震はしつこいです。

実は、私の妻の実家が福島市にあります。原発から多少離れているとは言え、子供を含め外出は控えており、さらにガソリン、灯油、水、食料が不足し、度重なる余震(といっても震度5強×3!)に疲労困憊しているとのこと。

本当に、どうにかならないものかと思ってしまいますね…。

さて、気分を取り直して。

今日は久しぶりに「英会話」に関するトピックです^^ あなたは「英会話」において冒険をしているでしょうか?

ここで言う「冒険」とは、例えば新しく覚えたフレーズを使うとかいつもとは違った内容を話してみるとかそういう「チャレンジ」のことです。

英会話の上達が早い人というのは、とても「冒険好き」なもの。間違えることを恐れずに、常に新しい表現を口に出し、挑戦し続けるのです。

多くの日本人の場合、こんなことを言ったら変なのでは?笑われてしまうのではないか?間違っていたら恥ずかしい…などと新しい表現やフレーズなどを敢えて使おうとしません。

だから、いつも知っていることしか口に出来ませんし、会話もワンパターンで終わってしまうことが多いのです。しかし、英語が得意な人というのは例えばネイティブが口にした表現で「かっこいい!」と思ったものや他の日本人の英語の表現を耳にして「これは使える!」と感じたものをどんどん、積極的に自分の表現に取り入れていきます。

そして、取り入れた表現を常に自分の口から出そうとします。これが英会話における「冒険」「チャレンジ」というわけ。

確かに、それで間違えることもあります。意味が違っていたり、相手に通じなかったりということは往々にして起こります。しかし、そんなこと気に留めないんです^^「別に、日本人なんだから間違えて当然!」と開き直るわけですね^^

勿論、間違いに気づけば、そこで是正すれば良いだけです。そしてまた新しい表現を知り、どんどん冒険して口に出してみる。その繰り返しだけで1ヶ月経ってみると…あら不思議、あんなことも、こんなこともネイティブに近い表現でペラペラとかっこよく話せるようになっている自分に気付くのです。

だから、英会話における「冒険」「チャレンジ」というのはとっても大切なんです。それを常に続けること。少なくとも、一回の英会話のセッションで一回の「冒険」「チャレンジ」を心がけてみて下さい。

そんな簡単なことであなたの話す英語は100倍も200倍も洗練されていくはず^^

Keep Going and Never Stop Trying!!!




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年3月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ