元気一杯、再スタートしましょう!

皆さん、元気にしていらっしゃいますか?

私はいつになく、とっても元気です^^ 何だか、とっても「やる気」に満ち溢れているのです。よっしゃ!再スタートだーっ!!!…と、そんな気持ちで一杯です。

先週、メルマガの今後のことなどをお伝えしました。震災のことだけでなく、原発やその他の不安も多い中、「なるべく普段通りに生活・活動しましょう」なんていうメッセージをお送りしたら、きっとお叱りのメールを頂くのではないかと内心ビクビクしていたのですが…。

結局、50通ほどの賛同・激励メールを頂きました!もう、そのメッセージを読むだけで感動して目頭が熱くなってしまいましたよ…。

本当に皆さん、どうもありがとうございます^^

この連休中、私は震災や原発のことで不安を抱えられている外国人の方々のために情報をお伝えしたり、仲介を行ったりという通訳のボランティア活動に参加していました。

ご存知のように、福島県での原発事故のために東北~関東に滞在されていた多くの外国人にそれぞれの国から避難・退去勧告が出されています。

特に正しい情報が入りにくい外国人の方々はただでさえ、言葉の壁がありますからやはりとても不安に感じられている方が多いのです。

逆の立場を想像してみて下さい。

言葉が通じない外国で、同じような惨事が起きたら…。あなたは一体どうしますか?

私は通訳の仕事を始めてから15年になりますが今ほど自分の仕事に「やりがい」を感じたことはありません。

これまでは、お金のために「イヤな仕事」であっても引き受けていたこともあります。英語自体が嫌いでしたから、正直に言って通訳の仕事に「やりがい」を感じたことはあまりないのです^^;

しかし昨日、正確な情報が伝わらず不安な気持ちで過ごされていた外国人の方とお話をして、原発のことも、今後の生活のことも、「正しい情報」をお伝えすることでとても安心して頂くことが出来ました。

外国人の方とご家族の笑顔を見た時に、ああ、英語を話せることって何て素晴らしいんだろう…とつくづく思ったのです。考えてみれば、私は今までロクな人生を歩んできませんでした。学生時代は落ちこぼれ、社会に出ても中途半端…親に心配をかけて、何とかここまでこぎつけてきましたが、いつまで経っても私は人に胸を張って言えるようなことを今までの人生でしてきたことがなかったのです。

確かに、通訳や翻訳の仕事をして「助かりました」「ありがとう」等々言われたことはありますが、それは単なる仕事上の社交辞令に過ぎず自分の中で何か満足感を得ることは一度もありませんでした。

しかし、この週末、とても不安がっていた外国人のために正しい情報を提供し、また避難のお手伝いが出来、そして安心された時の笑顔を見たら、「おい、自分も捨てたもんじゃないぞ!」ととてつもない満足感に包まれたのです^^

やっぱり、英語は話せた方がいいです。

こうやって人の役に立つことも出来るんですから。

…って、本当に通訳者としては「今さら…」という感動なのですが^^;不思議と今回はそれを素直に感じることが出来てあまりに嬉しかったのでメルマガで皆さんに報告させて頂きました^^

「やっぱり、英語は話せた方がいいです」

今回、私は本当にそう思いました。このメルマガを読んでいらっしゃる方には、本当に、本気を出して英語力を身につけて頂きたいと思います。

そして、あまりにもひどい震災があったので忘れていましたが季節は何かを始めるにはちょうど良い「春」なんですよね。

「そう言えば、英語を本格的に勉強し始めたのはあの大きな地震がきっかけだったんだよね…」なんていうことをあなたが口にされている日がいつか来るかも知れませんね^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年3月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ