近況報告と今後のことなどについて

あの日から1週間が経ちました。

東北・関東での想像を絶する被害について連日の報道で明らかになっています。今、この瞬間にも多くの被災者の方々が厳寒と飢え、欠乏と不安に襲われています。

福島の原発では多くの勇敢な方々が自らの命を顧みず、懸命な作業を続けています。

一方、その他の地域においても停電や余震、放射線への不安から食料や燃料の買占めなどのパニックが起きています。

そんな中、メルマガが届かなくなったため心配された読者から多くのメールを頂きました。どうもありがとうございます。ご心配をおかけ致しまして申し訳ございません。

まずは近況報告ですが、私も家族も知り合いも全員無事です。事務所の本棚が倒れ、水槽の水がこぼれて通信機器の一部が破損した程度です。

今は被災された、またはその関連の外国人に向けて情報提供と通訳をボランティアで行っています。

メルマガについては、不要不急の配信を行うことで被災地への通信回線や情報伝達に障害を招く恐れがありますので、暫く配信を中止しています。

今後のことについてですが、状況を見て3月22日頃から、またメルマガを再開したいと思っています。

こんな非常時に英語の勉強のメルマガなんて読んでいられるか!と思われる方もいらっしゃるかも知れません。

私自身も、今どうするべきなのか、今自分に何が出来るのかを深く考えました。確かに、東北の被災地の映像をテレビで見る度に涙がボロボロこぼれてきます。

何て、ひどいことが起きたんだろうと…悲しみ、怒り、そして脱力感さえ感じます。しかし、それから1週間が経ちました。ここで立ち止まっていてはいられません。

今こそ、日本を立ち直らせるために残った人々が力を合わせて復興に向けて全力を尽くすべきなのではないでしょうか。

そのために私たちが出来ること。

それは、被災地の現状を目の当たりにして悲しみに暮れたり、途方に暮れたりテレビの映像に涙する…ということではなく、被災された方々へ積極的に支援の手を差し延べたり、震災前の普段の生活に戻れるよう前向きに明るく行動・活動することだと思うのです。

誰にでも出来る支援で一番確実で有効なのは「寄付」です。もちろん私も寄付しました。

ただし、今は「募金詐欺」が横行していることもありますから、寄付をする時には各市町村やテレビ局など、組織・実体が確実な所に直接寄付することをお勧めします。

そして、関東・東北にお住まいで被災されていない方であれば「節電」に協力しましょう。

実は私も、このメルマガを真っ暗い部屋の中で書いています。

また、西日本など今回の地震の直接的な影響がなかった地域の方にはむしろ普段通りの生活を送って頂きたいと思います。

このような事態に陥った時、一番怖いのが「経済の停滞」です。東日本が悲惨な状況だからと、西日本まで元気がなくなってしまっては復興が進まなくなってしまいます。

「こんな状況だから自粛しよう」

「こんな時に不謹慎だ」

「この非常時に何を言っている!」

…そういう気持ちやモラルも大切ですが、過度に日常の活動や行動を控えるのも良い影響があるとは思えません。

被災地以外の地域にお住まいの方々は出来る限り震災前と同じように仕事をし、営業し、勉強し、生活を続けることが大事だと思います。

…というわけで、少し長くなりましたが、近況と今後のことについて取り急ぎお知らせ致します。連休明けには、また笑顔でメルマガを再開させて頂きたいと思いますのでぜひお楽しみに!^^

今こそ、力を合わせて頑張ってこの苦難を乗り越えましょう!!!

広島・長崎、敗戦、その他多くの震災災害を乗り越えてきた日本人です。やってやれないことなどありません。まさに不屈の日本、日本人ですから!

頑張りましょう^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年3月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ