スピードとリズムが命

英会話はスピードとリズム感が非常に重要です。

これは英語に限ったことではありません。会話というものは、いわば
キャッチボールのようなものですから、スピードやリズム(テンポ)が
とても大切なんですね。

日本語でも「会話がはずむ」なんて言い方をします。

はずむ(弾む)というくらいですから、何かボールでも投げ合っているかの
ように、ポンポンポンと調子良く会話を進めることで互いの話が盛り上がる
んですね。

これが、一方がもたついていると、はずむ会話もはずまなくなります。
会話というのはそういうものなんです。

これは英語に限ったことではありません。日本語でも、韓国語でも、中国語
でも、フランス語でもイタリア語でもそうです。

どんな言葉でも、会話というものは複数の人々が互いに自分の言葉を相手に
投げかけ、心地よいスピードとタイミングで返答し、テンポ良く進行させて
初めて成り立つものなんですね。

とは言うものの、今英語ををうまく話すことが出来ないという人は、テンポ
良く英語を口に出すことなんて不可能なことだと思います。

なぜなら、大半の日本人は英文法などの「基本事項」に忠実に、きれいな
英語を話さなければ!という一心で一生懸命頭の中で自分の話そうとする
英語を組み立てようとするからです。そんなことしているから、モタついて
なかなか英会話を成立させることが出来ないんですね。

えーと、えーと、と考えている間に会話はどんどん進んでしまう。

英語を話せるようになりたいと思ったら、まず会話のスピード、リズム感、
テンポを第一に考えます。

それでは問題です。

今英語を話すことが出来ない人はどうすればスピード感、リズム感を伴った
テンポの良い英会話を成立させることが出来るでしょうか?

その答えを探ることが英会話マスターの第一歩と言っても過言ではありませ
ん。

ちょっと考えてみて下さい。

今、英語を話すことが出来ない人がどうすればテンポ良く英語をポンポンと
口にすることが出来るようになるでしょうか?

続きは次号で!

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2006年7月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ