英語を確実に身につけるまでの理想の勉強時間は?

■ 読者からの質問:

「今、英語の勉強を続けている者ですが、いったいどれぐらいの勉強時間が理想と言えますか?因みに私は会社勤めですのであまり時間は取れません。」

はい、英語の勉強時間ですね。「理想的」ということですが、当然ながらより多くの時間を英語の勉強に費やせるのであればそれが一番「理想的」と言えます。

毎日1時間勉強する人よりは、2時間、3時間と勉強に費やせる人の方が早く上達します。これはまぁ、当然の話ですよね^^;

ただし、中には本当に毎日10時間とか英語の勉強を続けている人がいるのですが、それが良いかと言えば、単純に良いとは言えない場合もあります。

要は、時間も重要ですが、心の底から楽しみながら英語と接しているかどうか、そこがとても重要なのです。

従って、毎日10時間勉強しているからと言ってそれが「イヤイヤ」やっている勉強であったり、本当に「苦行」のように続けているのであればトータルで何千時間も勉強したからと言って良い結果が得られるとは限らないんです。

これは逆に、毎日30分とかの細切れの時間しか勉強に割けないという方であっても、その30分がとても「わくわく」したもので心から楽しめる時間であるならば、「イヤイヤ」続ける10時間の勉強よりもはるかに効果があると言えます。

ですから、私からのアドバイスとしては、「理想的」な勉強時間にこだわるのではなく、短時間でも構わないので、心から楽しみながら英語と接するようにしてみると良いということです。

あなたの周りにもいるかも知れませんが、英語の習得に成功した日本人というのは英語の勉強を楽しんでいる人が多いのです。中には強制的に、スパルタ教育のように英語を身につけさせられたという人もいますが^^;

多くの場合は自発的に、とても自然な形で勉強を勉強とも思わず(ここが大事です)笑いながら、わくわくしながら身につけています。もちろん、会社や学校などでTOEICや英検などの資格試験を受けなければならないという方もいらっしゃると思いますが、そのような場合はまた話(目的)が違いますので、イヤイヤでも辛くても、出来る限りの時間を捻出して

机に向かった方が良いですね^^ 参考にしてみて下さい^^

それでは、また明日!




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ