TOEICのリスニング、ここだけ押さえて!

TOEICのリスニングで悩まれている方は少なくありません。少しでもTOEICのリスニング問題の出題パターンや音声の速さに慣れてしまえば、大した話ではないのですが、それでも多くの方がなかなか得点出来ずに頭を抱えられています。

TOEICのリスニング対策で押さえるべき点としては以下の三つが挙げられます:

1.英会話教材などの音声とは違うことを認識する
TOEICのリスニング音声は非常に特徴的です。一応、一般的なビジネス・シーンや日常的な会話の中で耳にする(であろう)英語音声を主体としているのですが、そこはやはり「試験」ですから、アリエナイ!というような展開もありますし、基本的には受験者を「惑わす」仕掛け、トラップがたくさん散りばめられているわけです。

これはリスニングだけに限りませんが、これが正解だろう!と直感的に感じた選択肢には罠が仕掛けられているパターンが多いです。例えばパート1の写真問題では、目立つ被写体に要注意です。正解はそこではなく、予想もしないような所に隠されていたりするのです。
従って、これは純粋な意味でのリスニング能力というよりは、TOEIC専用の聴解力を養う必要があります。そのためには、やはり公式問題集の音声を繰り返し繰り返し聴き、出題と仕掛けのパターンを自分なりに分析し、こういう時にはこうくるだろうという感覚をつかむようにして下さい。

2.全部聴き取る能力は要求されない
TOEICのリスニング対策で、ディクテーションなどを行っている人がいますが、TOEICで要求される聴解力というのは、音声の詳細を聴き取る力ではなく、全体の中からキーワードとなる部分を抽出する能力と言えます。
そのためには、一語一語を詳細に聴き取るのではなく、英語の音声をザーッと聴いて、その中から主旨を的確に把握し、さらに問われている情報(正解)を適切に探し出すトレーニングが重要となります。さらに、きちんと聴き取れていても、問題文の主旨が理解できないと誤答する恐れがありますので、疑問詞が問う内容を正確に理解し、正答を検索する力を養うようにしましょう。

3.パート3・4での先読み
これは裏ワザのように捉えられる人もいますが、今は最も基本的なコツの一つで、正攻法と言っても良いくらいのものです。確かに慣れるにはコツが必要ですが、一度リズムを掴んでしまえばそれほど難しい話でもありません。基本的にはディレクションが流れる間に問題文と選択肢に目を通すだけですが、公式問題集を使ってタイミングを身につけるようにしましょう。こんなのに慣れるだけで50点とか100点とかスコアが変わってくることがありますので、やっていない人は是非試してみて下さい。

その他、試験前になったらボキャブラリーや文法の勉強よりも「英語の音声」をとにかくたくさん耳に入れる「高負荷」「短期集中」のリスニングトレーニングを行うことをお勧めします。結局、リスニング力というのは筋トレと同じなのです。

試験当日というのは、アスリートで言えば大会などの本番そのものですね。その日の前数週間はとにかく大量の英語を耳に入れるようにしておきましょう。それだけで結果に大きな違いが出るはずです。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ