読者からの質問 「英語を楽しく勉強できません」

はい、今日から読者の質問特集です!

「渡邊先生、毎日メルマガを楽しみにしてます。質問ですが、先生が英語を楽しみながら学習といわれるのはわかりますが、初心者の私にはどこから手をつけていいべきか何もわからず、楽しむどころのレベルにありません。どうしたら楽しめるのでしょうか?」

英語は楽しみながら勉強しろと、私は常に言っています。で、多くの人がその言葉に納得して、いざ勉強を開始してみると、やはり皆「眉間にシワを寄せて」苦しみながら勉強しているんです^^;

それはなぜかというと、単語を無理やり「機械的」に暗記しようとしたり、英文法の1から100までを完全に理解しようとしたり、発音記号の通り正確に発音が出来るように必死になったり、なかなか聴き取れるようにならない英語の音声CDをただひたすら聴き続けてようとしたりするからです。

もう、要するに「苦行」ですよ。こういうのは、英語の勉強というよりは、修験者の修行ですね。今の季節に、山の中に篭って滝に打たれるような…^^;

確かに初心者であれば、まったく英語の知識(単語とか文法とか)を知らないでしょうから、何かを話すにしても、聴き取るにしても、やはり基礎的な部分は身につけないといけないわけです。しかし、それは本当に中学英語レベルの、簡単な単語や文法知識だけで「取り敢えずは」OKなんですよ。

中学英語レベルさえ難しい!という人は多いのですが、中学英語で習う単語なんてどんなのか知っていますか?appleとか、pencilとか、難しくてもeraser(消しゴム)くらいの話ですよ^^ 文法だって、三単現だとか過去形とか、疑問文とか、そんなレベルですから。そんなのは、本当に難しく捉える方が「難しい」くらいです^^

で、それでもこういった「教科書的」な知識を頭に入れるのはどうしても退屈な作業になりますから、なるべく短期間にチャッチャッと済ましてしまいます。出来れば数週間、1ヶ月もかけない方がいいんです

英語の勉強は長期化すればするほど、習得に失敗する確率が高まります。だから、基本的なことはパッパと終わらせて、後は実践的な英語の話し方や聴き取り方、そしてコツなどの習得に力を入れた方が良いのです。

そして「楽しみながら英語を勉強するコツ」の一つが、実際に外国人と会話などをして「自分の言いたいことが通じた!」「相手の言っていることが聞き取れた!」という喜びを経験することです。

別に最初からすべてを話せたり、聴き取れたりしなくても構いませんから、まずはそういう瞬間を一回でも味わってみることが大切なんです。そういう快感を一度味わうと、とたんに英語の習得は楽しくなってきます。もっと色々なことを英語で表現してみよう!もっと色々な英語を聴き取れるようになろう!という気持ちが強くなってくるんですね。

これが、いわゆる「正のスパイラル」というもの。一度この循環に入ると、後はトントン拍子で英語が身に付いてきます。だから、肝心なのは最初に「楽しい!」と思えることなんですね。そのために、教科書的な知識の習得は基礎的なものだけをパッパッと終わらせて、後はすぐに実践的な英語の習得に入った方がいいんです。

それともう一つ、英語の習得に成功する人というのは英語の勉強を「勉強」とも思わない傾向があります。「勉強」ではなく、より良い自分を目指すための一つの習慣のようなものと捉えると良いでしょう。

他にもリスニングのトレーニングにお気に入りの洋画や海外ドラマなどを用いることも、英語の勉強を楽しくするコツですね。退屈な教材を聴いているよりも、はるかに実践的で楽しみながらトレーニングを続けられるはずです^^
頑張って下さい!




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ