魔法の言葉「So what? Who cares?」

日本人ってナゼこうも「繊細」で「小心者」なのでしょうか。英語を話す時も、「間違っていないかな?」「変なこと言って笑われたらどうしよう?」「文法合っているかな?」なんて、いつもドキドキ、ハラハラしながら震えているのです。

一方で、ノン・ネイティブの外国人はベラベラ、ベラベラと英語をまくしたてます。よく聴いてみると文法もメチャクチャ、単語も発音もアクセントもまるで間違っている。それでもお構いなしに、とにかく言いたいことを思う存分表現しています。

しかも、それでネイティブとの会話もバッチリと成立しているんですよ。言ってみればネイティブの会話だって、文法的にはメチャクチャなんですから。しかし、それで十分会話が成立している。楽しいコミュニケーションが出来ているわけです。

日本人が、単語のスペルだとか、発音記号だとか、文法の小難しい知識だとかをチマチマと、眉間にシワを寄せながら勉強している一方で、他のノン・ネイティブはそんなの知ったことか!という顔で、まさに勢いに任せて英語を「体得」していっています。

この気迫というか、勢いが日本人の英語学習者に決定的に欠けているものなのではないでしょうか。皆、日本人が英語を話す時は力なく、弱々しく、オドオドしていて、格好が悪いんですね。英語を話す時には、もっと堂々と「日本人なんだから完璧な英語なんか話せねーよ!それがどーした?」という開き直った姿勢で向かうといいんです。

で、私も昔は英語が話せませんでしたので、ご多分にもれずオドオド、ドキドキしていました^^; しかし、ある時アメリカ人に言われたんです。

「どうしよう、間違った英語を口にして笑われたら・・・」

So what? Who cares? (だから何なの?誰が気にするの?)

…確かに。自分が変な英語を話したからって誰が気にするの?少し文法的に間違った英語を話したところで誰が困るか?So what? Who cares?」なんですよ、本当に。

完璧な英語を話さなくたって、誰も気にしないし、誰も困りはしないんです。重要なのは、そういう小さなプライド、虚栄心をかなぐり捨て、徹底的に「バカ」になって言いたいことを思い切り言うことです。

そして少しでも心の中で「私の英語大丈夫かな?」「通じなかったらどうしよう…?」と思ったら、すかさず「So what? Who cares? (だから何なの?誰が気にするの?)」をつぶやいてみて下さい。

これはあなたの英語をパワフルにする魔法の言葉です。英語は勢いです。会話は勢いから生まれます。何も心配しないで下さい。魔法の言葉「So what? Who cares? (だから何なの?誰が気にするの?)」を覚えておいて下さいね^^

*So ○ucking what?という野蛮なスラングもありますが、これは口にしない方が良いです^^;




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ