リスニング・トレーニング用音声の選び方

英語を聴き取ること、すなわち「リスニング」や「ヒアリング」などのトレーニングを行っている人はたくさんいますが、そのための「英語音声」を間違って選んでいる人が多いようですので、今日はその辺りの具体的な「選び方」について伝授します。まず、リスニングのトレーニングを開始する前に、あなたに必要な聴解力の種類を明確にする必要があります。

これは例えば、TOEICとか大学受験といった「試験」対策の聴解力が必要なのか、それとも一般的な英会話での聴解力が必要なのか、と用途・目的に応じてトレーニング内容が大きく変わってきますので最初に明確にしておくことが重要なのです。さらに現在の聴解力のレベルによっても英語音声の種類を適切に選ぶ必要があります。初心者が最初から早口のニュース音声などを聴いても、おそらく何も聴き取れないばかりでなく、せっかくの士気をくじく恐れがあります。

以下に種類別の用途・目的、そして注意点などをまとめてみましたので参考にしてみて下さい:

洋画・海外ドラマ:
これは、汎用性、効果、入手のしやすさ、そしてコストパフォーマンスのすべてにおいて最も優れたトレーニング用音声と言えます。基本的にはレンタルDVDなどを用いるのが良いですが、最近は価格が安くなっていますので気に入ったものがあれば自己投資と思って購入するのも良いでしょう(たいていは繰り返し用いるものですので、投資する見返りは十分あります)。

用途・目的としてはまさにオールジャンル対応と言えますね。試験向けの勉強に映画やドラマはどうか?と思われる人もいると思いますが、英語の音声の特徴をつかむには、ネイティブの一般的な会話などを繰り返し耳に入れることが一番効果的なのです。

お勧めとしてはなるべく会話が多いもので、ストーリーがわかりやすいものが良いですね。一般的なエンターテイメント、コメディ、ホームドラマ系のものから入ると良いです。ただし、中にはとても早口であったり、アメリカンジョークなど、文化的な背景がわからないと理解できないものもありますので、いくつか観てから自分に合った好みのものを選んでみて下さい。

ニュース番組:
ニュース番組もピンキリですが、ABCやCBS、CNN、BBCといったネイティブの一般向け放送であると初心者はサッパリ聴き取れない可能性があります。いくら高負荷といっても、最初からそれではやる気がなくなりますので、初心者であれば、定番ではありますがVOA Special Englishなどから始めると良いですね。

聴き方のコツとしては、英語の勉強として「構えて」見たり聴いたりするのではなく、普通の日本語のニュースを見たり聴いたりするのと同じ感覚で、単に内容や情報を知りたいという気持ちで聴いてみると良いです。キーワードなどをメモに書き取り、内容を推測しながら聴くとさらに効果的です。

何を言っているのかサッパリわからない場合には、そのレベルの音声をトレーニングに用いるのはまだ早い段階であると判断し、難易度を下げてみると良いでしょう。理想的なレベルは、音声を聴いていて「ちょっと難しいかな」と感じるくらいです。常にそれくらいの負荷をかけていれば、必ず聴解力は養われます。

YouTube:
YouTubeには、それこそありとあらゆるタイプの英語音声がアップされています。一般のネイティブの会話から洋画、海外ドラマ、ニュース、著名人のスピーチ、英語学習者向けの音声等々すべて無料で聴くことが出来ます。これらをリスニング・トレーニングに使わない手はありません。

ただし、すべての音声にスクリプトがついているとは限らない点と、音質が悪いものもありますので注意が必要です。「English beginner」「ESL」「TOEFL」「English conversation」等で検索するとたくさん出てきますので、自分に合ったものを選んで聴いてみて下さい。

市販の英語・英会話教材:
昔は英語の音声を手に入れること自体が難しかったため、カセットテープやCDがたくさんついた高価な英語・英会話教材を購入する必要がありましたが、現在は格安のレンタルDVD、インターネット上で手に入る無料の英語音声が主流になっていますので、敢えてお勧めはしません。

ただしTOEICや英検、大学受験などにおいてはそれぞれの試験に特徴的な英語音声というものがありますので、市販の各(公式)問題集などに付属している音声を用いることは重要ですね。これらは収録時間もそれほど長いものではありませんので、丸暗記するほど繰り返し聴いてみると良いです。

以上がリスニング・トレーニング用の英語音声ですが、もちろんこれらを手に入れて単に聴くだけでは意味がありません。リスニング力を短期間に爆発的に伸ばすためには然るべきコツその方法を知る必要があります。

私の英語英会話マニュアル教本第二巻「リスニング編」では130ページに渡って「ここまで書くか!」というほど徹底的に、英語が苦手な日本人のための英語の聴き取り方と簡単なトレーニング法についてご紹介しています。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年11月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ