コレが欠けているから英語に生気がないんです

先日のセミナーで、ある女性に悩みを打ち明けられました。悩みといっても恋愛の話ではないですよ^^; 英語の話です。

「これまでずっと英語の勉強をしてきて、確かに外国人と英語を話す時にはそれなりにフレーズが出てくるのですが、何ていうか、会話自体が物足りない気がするんです。生きている会話をしていないというか・・・」

わかりますね。この「生きている会話」をしている気がしない、という感じ。きっと、私のメルマガを読んで下さっている方であれば、理解頂けるのではないでしょうか。確かに、私達が日本人同士で日本語で会話をする時には、いかにも「会話」をしている~!という気になりますよね。

お互い、喋りたいことを喋って、自由に言いたいことを感情のまま言い合う…それこそが人と人のコミュニケーションであり、本来の「会話」のあるべき姿でしょう。
しかし、いざ英会話となると…。

自分が話したいことの1割も表現できず、幼稚なフレーズと代替表現しか思い当たらず、挙句の果てには「イエス」と「アハーン」を永遠に繰り返すだけ。これでは「生きている会話」をしている気がしないのは当然です。

もちろん、中には相当の英語の知識を持たれていて、語彙力も文法知識も完璧、実際の英会話においても「いかにも英語ペラペラ」という人であっても、この女性が感じられるように「生きた会話」をしている気がしない人というのはたくさんいるのです。

では、なぜ英会話が「生きた会話」のように感じられないのでしょうか?

その理由はいくつか考えられますよね。一つには、英語が「第二習得言語」だから、つまり「母国語」でないため、どうしても表現力に限界があるという理由です。そして、もちろん「語彙力」や「文法知識」といった土台(基礎)が出来ていないというのも大きな理由となるでしょう。

しかし、ここではそのような「当然」の理由ではなく、一つとても大切な、それでいて誰もが知らない(または忘れている)要因を教えます。あなたの英会話が「生きた会話」に感じられない理由の、一番の原因は・・・

「感情(心)」が欠けているからです。

はい。「感情(心)」です。以前、言葉というのはとても「感情的なもの」であるとお話ししたことがありますが、実はこの「感情」という要素はとても大事で、特に日本人の英語にはこれが欠けているので「会話が生きている」ように感じられないのです。

言ってみれば、日本人の英語は、打ち込んだ言葉を合成音声で棒読みするコンピューターやロボットのようなものなんです。ただ単に、暗記した単語を使い、教科書通りの文法に沿って、すべて見た目は100点満点の構文で話していても、そこに「感情」というものが決定的に欠如しているんですね。

だから、そんな英語(英会話)には「魂」がないんです。だから、会話が活き活きとしていない。だから、会話も弾まないし、何となくつまらない感じで終わってしまうんです。いいですか、言葉はコミュニケーションのツールであると同時に、私達人間に特有の「感情(心)」というものを相手に伝えるための手段でもあります。

英語であなたの「感情(心)」を表現してみて下さい。「喜び」も「悲しみ」も「笑い」も「泣き」も「怒り」も、大袈裟なほど加味して、身振り手振りを交えて、表情豊かに表現してみて下さい。たったこれだけのことで、あなたの英語は100倍も1000倍も「活き活き」とし、見違えるほど「魅力的」になりますから^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ