あなたの英語が不自然になる理由と対策を教えます(2)

昨日に続き、今日は不自然な英語にならないための「対策」についてお話ししたいと思います。既にお伝えした通り、日本人の英語がなぜ不自然になりがちなのか?という理由については、日本語に特有の表現をそのまま英語に当てはめ直訳しているから、と言えます。

つまり、確かに英語(らしき言葉)を口から発してはいるのですが、その元となっているものが日本語に特有の表現なので、どうしても不自然な英語になってしまうわけです。そういう不自然な英語を、いくら正しい文法やきれいな発音・アクセントで話してみても、なかなかネイティブ・スピーカーには通じないことが多いのです。

具体的に言えば、日本人が話す「不自然な英語」で典型的なものが、○○ is ○○.という形の文です。「○○は○○です」という公式にそのまま英語を当てはめれば良いだけなので多用されますが、これがいわゆる日本人に典型的なダサい(不自然な)英語といえるのです。

まぁ、○○ is ○○であれば全く通じないということはないのですが、やはり幼稚というか、不自然さはぬぐえません。この場合は、出来る限り一般動詞(基本動詞)で表現するとより英語らしくなることが多いです。

例: 彼女の髪は長い(Her hair is long. × → She has long hair.)
私の趣味は読書です(My hobby is reading books. × → I like to read books.)

こういうものは直訳するよりは、多少ニュアンスは変わっても意味で訳す(意訳)方が自然な英語になります。

そして、「日本語を英語に訳すること」に注力するのではなく、英語特有の表現を先に覚え、それを応用すると良いですね。要するにこれはインプットの問題なのですが、日本語を英訳することばかりにとらわれていると、なかなか不自然な英語表現から抜け出せないのです。

ここが重要なところなのですが、結局「訳したもの」というのは制限の多い「代替表現」に過ぎません。「言いたいことや伝えたいこと」というオリジナルの言葉があって、それを他言語で表現すること自体に限界があるんですね。100%正確に、自然に伝わることはないわけです。

その観点から、「訳す」という過程は、出来る限りなくした方が自然になります。そのためには、先に「生の英語表現」を知り、そこに自分の表現を当てはめるという方が合理的なんですね。

例えば洋画や海外ドラマなどを観て、「これは使える!」と思った表現やセリフなどは、その都度どんどんメモに書き出して自分の表現に取り入れていくと良いです。これは英字新聞や雑誌、その他「生の英語」に触れる際には積極的に取り入れるようにして下さい。

そして、何か英語で話したい、表現したいと思った時には、日本語を元にすべてを直訳するのではなく、実際にネイティブ・スピーカーが用いている「生の英語表現」をベースに、アレンジしてみるととても自然な英語表現になります。

こうして考えてみると、あなたの英語のアウトプット(表現の自然さや種類、幅)というものは、あなたがインプットしたもの(量)に比例して高まるということがわかるはずです。ここでもインプットの大切さがわかりますね^^ 積極的に「良い英語」と触れ合うようにしましょう。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ