高負荷サマリー・ライティング・トレーニングの威力とは?

英語を勉強する目的というのは人によって違います。会社でTOEICを受けなければいけないという人もいれば、海外旅行でちょっとした英会話が出来ればいいだけという人もいます。
今日はそんな様々な目的の中でもより上級の、高度な英語力を身につける必要があるという人のためのトレーニング・アドバイスです。

おそらく中級~上級者であれば、多読精読といったスタンダードなリーディング・トレーニングは勿論実践されていることかと思います。巷では新しいトレーニング・メソッドがどんどん紹介され、色々なトレーニングにチャレンジされている方も多いと思いますが、結局この多読とか精読といったリーディングのトレーニングは、まさに王道の中の王道、英語上達のためには絶対に避けられない基礎的かつ最重要のトレーニングと言って良いでしょう。

そこでほとんどの方がリーディングのトレーニングを実践されるわけですが、イマイチ効果がわかりにくいという性質があるのも事実です。これは、リーディング力を身につけるには比較的時間がかかることが理由の一つと言えます。

今日は、どうしても短期間にリーディング力・ライティング力を爆発的に伸ばす必要があるという人のために、非常に負荷の高い「サマリー・ライティング」のトレーニングをご紹介しましょう。まず、サマリーというのは「要約」のことです。書いてある内容を短くまとめたもののことですね。

まぁ、口で言うのは簡単ですが、実はこの「サマリー」というのは書くのがとても難しいんです。普通は、短くてシンプルにまとめたものだから簡単に書けるのでは?なんて思われる方が多いと思いますが、やってみるとこれが実に難しい^^; しかし、難しいということは=負荷がかかる力がつく!ということなのです^^

サマリーする内容については、今英語で読んでいるものがあれば何でも良いです。英字新聞、英文雑誌、リーディングの教材、海外のウェブサイト等々、出来るだけ自分が興味・関心を抱けるものにして下さい。また、自信のない方は答え合わせ用に日本語訳があった方が良いかも知れませんね。

まずは通常通り読んでみます。もちろん辞書を使って構いませんよ(出来れば英英辞書を使うのをお勧めします)。読みながら、重要だなと思うところにはアンダーラインを引くか、ノート等にメモしておくと良いです。そして読み終わったら、内容の要約(サマリー)を書いてみます。長さ的には1/4~1/3くらいにまとめてみて下さい。英語で書き出すのが難しければ日本語だって良いのです。英語と日本語が混ざっていても構いません。

最初は多分かなり難しいと思います。そんな時は箇条書きでも構いません。要は読解力を確認するためのサマライジングというわけです。内容を理解していないと要約を書くことは出来ません。こういうのを「Comprehension」というのですが、つまり読解力を確認するにはもってこいのトレーニングと言えます。ただ単に多読や精読をやっていても、「読みっぱなし」では実際に理解しているかどうかまでは分からないんですね。

だから、サマリーを書いて本当に理解できているか確認してみるのです。また、このトレーニングによって、内容の要点(キーワード、キーフレーズ)のみを検索・抽出する力が養われますので、特にTOEIC等のリーディング対策にはもってこいの練習法と言えます。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年11月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ライティング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ