アウトプットが苦手な人はどうすれば良い?

アウトプット、すなわち「話し(スピーキング)」や「書き(ライティング)」が苦手という人は、結構いるものです。そういう人は逆にインプット「聴き(リスニング)」や「読み(リーディング)」は得意なんですよね。スピーキングやライティングが苦手だという人に共通しているのは「表現下手」ということ。

これは、何も英語に限った話ではなく、普段、日本語を使っている時から「表現力」というのは重要なファクターと言えるのです。従って、日本語でのアウトプットが得意な人は英語のアウトプットも同じように得意です。

それは何故かというと、自分が表現することを熟知しているから、です。もう日頃から自分が話したいことや相手に伝えたいこと、表現したいことを自分なりに整理して、把握しているんですね。

一方、日本語でも英語でもアウトプットが苦手という人は、日頃から自分を表現したいことを整理して準備していないので、急に何か聞かれて話そうとしたり、書こうとしたりしても、何も出てこないわけです。

で、こういうのを単なる「英語力不足」と思い込んでしまっているのですが、実際のところは「表現力」の問題なので、日本語・英語に関係なく、日頃から自分の言いたいことや話したいこと、表現したいことや相手に伝えたいことを明確に意識しておくと良いんです。

その上で、英語を使うための英文法語彙必要な範囲で効率的に身につけておくと怖いものはありません。

もしあなたが短期間で自分の言いたいことを英語でペラペラと話したり、サラサラと書いたり出来るようになりたい!!!と思っているのであれば私の英語英会話マニュアル教本の第一巻と第四巻だけをこの週末にでも読んでみて下さい。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ