同じ教材を何回も繰り返すべき?

英会話学習において、一つの教材を、何回も繰り返して学習するというのは正しい学習法なのですか??」というご質問を頂きました。答えから先に言いますと、「正しい学習法」と言えます。ここでは単に「教材」と書かれているので、少し補足しますと要するに「英語の音声」の教材のことですね。洋画や海外ドラマのDVD等を教材に使われている方も多いと思いますので、同じ意味で捉えて頂いて結構です。

例えば、一つの音声教材を使ってしばらく学習してみて、飽きたら次の音声を聴いてみるという人がいますが理想としては、一つの教材を「徹底的」にやると良いんです。言ってみれば、その音声の内容をすべて覚えてしまうくらい何度も何度も繰り返しやると最高です。

問題集などで解答を知っているのに繰り返しやるのは意味がないのではないか?という疑問も当然あるのですが実際には解答も含め、すべてを丸覚えするくらい繰り返すと本当に身に付きます。ただ、一つだけ注意する点があります。それは、教材が「面白い(興味深い)」と感じられる場合のみ繰り返すこと。つまらない(退屈な)教材を繰り返しやっていても苦痛を感じるだけですからね。

ここがとても大事なので、よく理解して頂きたいのですが教材にしても、洋画や海外ドラマなどのDVDであっても、自分が「面白いな」「もっと続けたいな」と思えるような内容が重要です。というか、それが「大前提」と言ってもいいくらいです。そのような教材や音声素材であれば、同じものを何度も繰り返し使ってみて下さい。そして、もうほとんど内容を覚えてしまうくらい、何も見ずに英語音声を口に出来るくらいまで吸収したらそこで初めて次の教材や音声に移ると良いです。

少しやってみて、すぐ次に移りたくなる気持ちはわかるのですが、たいていの場合は同じ教材を繰り返しやる方が良い結果が得られます。これは本当に不思議なもので、英語を確実に身につけている人はそれほどたくさんの教材に手を出していないんです。一方、なかなか身につけられない人に限って本当にさまざまな教材に手を出している…^^;

すべて中途半端に終わってしまっているんですね。まずはお手持ちの教材を徹底的にやってみることからお勧めします。ただし、先ほども言いましたが、少しでも「つまらない」「退屈だ」と感じる教材であれば繰り返しても効果はありません。勉強の仕方やトレーニング自体がわからないという方はまず私の「英語英会話マニュアル教本」を読んでから自分にピッタリ合った音声素材を探す方が良いでしょう^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ