ヒントは日本語の日常会話にあります

なかなか英語を話せるようにならないとか、英会話が上達しないと嘆く人の多くに共通する一つの「誤認識」があります。それは、「英語での会話」と「日本語での会話」を区別して捉えてしまうこと。英語は英語、日本語は日本語での会話と、明確に区切りをつけて、まったく別物のように考えてしまっているんですね。

しかし、実を言うと英語での会話も、日本語での会話も、「話し言葉によるコミュニケーション」という点では同じなのです。本質はまったく変わらない。例えば、会話では文法もメチャクチャになりがちですし、語の省略や倒置は当たり前の無法地帯と言えます。誰もそんなこと気にしながら会話なんてしないのです。

それなのに多くの英語学習者は日本語での会話では「いい加減な話し方」をしているにも関わらず、英語の会話となるとヤケに文法にこだわったり、構文を気にしたりします。そもそも、ここに諸悪の根源があるんですね。これをセミナーなどでいくら説明しても、その時は皆さん「フンフン」と頷くのですが、しばらく経つともうすぐに文法書などを開いて難しい顔をしている…^^;

だから、そういう人にはいいことを一つ教えてあげます。それは…自分の「日本語での会話」をよく聴いてみる、ということ。必要であれば録音して聴いてみると良いです。すると、いかに会話での「話し言葉」というものが、いい加減でメチャクチャなものであるかがわかるでしょう。そして、いい加減でメチャクチャでも通じている(=コミュニケーションが成立している)ことに気付くはずです。

いいですか。ここに英会話上達の最大のヒントが隠されています。要は、日本語での会話の本質をそのまま英会話にも当てはめて考えてみれば良いのです。そうすれば、今までの自分の英会話への取り組みが如何に間違っていたか、無駄だったかがわかるはずです。これは本当に重要なので繰り返しますが、日本語での日常会話は英会話上達のヒントの宝庫です。そして、英語がうまい人というのは、そのようなところからも様々なヒントを得て、自らの英会話に応用しています。

この話、もっと詳しく知りたい方は英語英会話マニュアル教本の第1巻と第2巻を読んでみて下さい。結局のところ、具体的に何をどうすれば良いのかが分かるようになりますよ^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年10月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ