言いたいことが英語で言えない時の対処法

英語を話していて一番困るのが、自分が言いたいと思ったことを、そのままズバリ英語で言えないことでしょう。簡単なことなら英語で言えても、ちょっと込み入ったことや、難しい表現だと途端に下を向いてしまう…。ただ、先に知っておいて頂きたいのは、すべての日本語表現をそのまま単純に英語に転換できるわけではないということです。

例えば、日本語ではよく使う「よろしくお願いします」とか「いただきます」とか、「先日はありがとうございました」等、表現自体が英語に無いものはそもそも訳することが不可能です。こういう表現は、実は結構ありまして、それを知らずに無理やり英語にすると「?」という顔をされてしまうのです^^;(とは言うものの、このような表現の違いというのは、何か本や教科書で知るよりも、実際の会話などで「恥をかいて知る」方が良いんですけどね)

そうではなく、ただ単に表現自体が難しかったり、訳しづらかったりすると、それだけで言葉に窮したりするものです。そうならないために、リアルタイムで言いたいことをガンガン口に出せる方法を私の教本でご紹介しているのですが、ここでは別のコツを紹介します。私たち通訳者は、日本人が話す日本語を即座に英語に変換して、それを相手に伝えるわけですが、当然ながらすべての日本語表現をそのまま英語に直訳しているわけではありません

どうしているのかというと、簡単に言えば、より英語に訳しやすい日本語に変換してから英語に訳しているのです。もっと言えば、シンプルな日本語(代用表現)に言い換えて、それを英語に訳します。これはいつも言っている「シンプル化」に通じる話なのですが、私達が日常口にしている言葉というのは、とても行き当たりばったりで計画性がなく、文法的にもメチャクチャですし、更に「余計な表現」がたくさんあって把握しづらい本質があります。
ただでさえ日本語を瞬時に英訳することは難しいことなのに、そのような曖昧さ、いい加減さ、冗長さがあると、その分余計に英語にすることが困難になります。実は、英会話などにおいて何かを英語で表現したくても出来ないという歯痒さは、ここに原因があるわけです。
ではどうすれば良いのか?

まず、自分が言いたいと思う日本語を、そのまま英語に直訳するのではなく、必ず「シンプル化」してから英語にしてみましょう。難しい言葉や表現であれば、それを他の簡単な語で表現できないか考えてみて下さい。たいていの難しい言葉は、他のやさしい言葉を数多く使うことで代用が可能です。この変換を行うだけで、英訳がものすごくラクになるんですね。しかも、英訳がラクになるだけでなく、相手(外国人)にも理解してもらいやすくなります。

多くの日本人は(特に中級以上になると)、どうしても難しい表現を好むようになります。まぁ、これは仕方がないことなのですが、自分は英語を話せるよ!知っているよ!ということを周囲にアピールしたいがために、どうしても難解な単語や表現を使いたがる傾向にあります。しかし、そもそも英語を第二習得言語として「やっとのことで」使っている日本人が、わざわざ難しい単語や表現を使おうとしても発音が難しかったり、そもそも使い方が間違っていたりして余計にコミュニケーション自体を難しくしてしまうことが多いのです。

従って、英語を話している時、どうしても英語で話せない表現があれば、まずそれをより簡単な平易な表現に言い換えられないか、考えてみて下さい。そして、これ以上ないというくらい「シンプル化」してから、英語に訳してみると驚くほど簡単に表現できることに気付くはずです。ぜひお試しを!

追伸:
ただし、そもそも英会話においてリアルタイムで言いたいことを「英訳」しながら会話すること自体、間違ったアプローチですので、そのような癖がついているのであれば早めに矯正しておいた方が良いです(ゆっくりした幼稚な会話では通用しても、いずれその方法では太刀打ちできなくなることに気付くはずです)。もし、リアルタイムで英訳することなく、瞬時に英語を話せるようになる方法が知りたい方は、私の教本の第1巻「スピーキング」編24ページ以降を読んでみて下さい。すべての秘密が明らかになるはずです。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ