英語ほど雑で大雑把、シンプルな言葉はありません

会社で英語が必要になったとか、どうしても英会話が出来るようにならないといけないとか、本当に「切羽詰った」人たちが増えています。特に最近、某企業の英語の社内公用語化とかが話題になりましたが、その是非はともかくとして、やはり英語を話せるようになりたい!という人はどんどん増えているんです。

で、そういう人が増えているのだから、英語を話せる人もどんどん増えているのではないか?というのが当然の考え方なのですが、これはまったくそういう傾向はないようです。むしろ、いつまで経っても上達せず、イライラしている人が増えているだけなんですね。
こういう人たちに声を大にして言いたいことがあります。

英語を難しく捉えないで下さい!英語英語ほど雑で大雑把、シンプルな言葉はありません。それを難しく捉えようとするから、どんどん泥沼にはまっていってしまうのです

もちろん、あなたが英語を専門に研究する学者であったり、超一流の同時通訳者を目指しているのであるならば、話は別です。また、トコトン難しい英文法談義に花を咲かせるのが趣味とか、いわゆる「英語オタク」の仲間内で文法解釈の論争をするのが三度の飯よりも好きという変人であれば、この先を読む必要はありません^^;

そうではない、99%の一般の日本人であれば…英語を難しく捉えてはいけません。英語はもっと単純で、おバカで、アホらしいくらい「いい加減」な言語なのです。そして、それでOKなんです。

例えばリスニング。すべての英語を聴き取ろうとしないで下さい。そんなことは不可能ですし、「する必要」がありません。ネイティブや、既に英語を話せる日本人であれば、誰もそんな厳密に単語レベルで聴き取っていませんから。最大のヒントは、あなたが日本語で会話している時、どうやって相手の話を聴き取っているか、その感覚を思い出すことです。

スピーキングにおいてもそう。完璧に話そうとするから、英語が口から出てこないんです。それから、先にインプットしていないことは、どんなに頑張ってもあなたが超能力者でない限り、口から出てくることはありません。ここに大きなヒントが隠されています。

日本語では一つの言葉(単語)に10のニュアンスが含まれていたとしても、英語ではそこまで厳密にニュアンスを表現する必要はないのです。あなたは英語学者ではないのですから、そこまで厳密になることはありません。まずは基本動詞からマスターし(それだけでも十分なほどの表現力が得られます)、その後徐々に表現の幅を拡大していけば良いのです。

難しい単語を知っていれば、または難しい英文法知識を知っていれば、それだけで英語を話せるようになるわけではありません。大切なのは要領の良さと、物事を大きい器(うつわ)で捉えられる大胆さ、です。最初から細かいことを気にして、厳密さにこだわり、文法がどうだとか構文が間違っているとか、そんな「知識」面ばかりにこだわっているから、ほとんどの日本人が英語を身につけられません。

もういい加減気付きましょう。英語ほどシンプルで習得が簡単な言葉はありません。少なくとも中学校で習う英文法と語彙さえあれば、ビジネス会話を含む日常英会話、海外旅行先での会話等に困ることはないのです。

それなのに、多くの日本人は今日、この瞬間も眉間にしわを寄せ、難しい英文法書と睨めっこを続けています。地獄の苦痛を味わうかのように、難しい単語をいくつも暗記したり、難解な問題集を解いたりしています。

繰り返しますが、英語ほど雑で大雑把、シンプルな言葉はありません。そして、それを身につけることは自転車に乗ることを覚えるよりもはるかに単純な話なのです。ただ、勉強の方向性を間違え、難しい方へ難しい方へと向かうから、ガンジガラメになって撃沈されるわけです。

英語をもっと楽しく、もっと気持ちよく習得してみませんか?その具体的な方法を知りたい方は「英語英会話マニュアル教本」第1巻スピーキング編の24p~を読んでみて下さい。大爆笑しながら英語を習得することが出来るはずです。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ