まずは英語の「音」だけに集中して下さい

英語をどうしても聴き取れないという人がよく相談のメールを下さるのですが、どうやって聴き取ろうとしているのかを尋ねると、たいてい私がダメだと言っている方法で聴こうとしているんです。それは、例えば英語を頭の中で文章化し、一つ一つの単語をまるで「読むように」理解しようとしたり、ひどい場合には文法にこだわって聴き取ろうとしていたりしているんです。

「だって、単語がわからなければ聴き取れるわけがないでしょう!」
「だって、文法がわからなければ聞き取れるわけがないでしょう!」

「いいえ!そんなことはありません」と私はキッパリ答えます^^
何度も言いますが、リスニングを徹底的にマスターしたいのであれば、まずは英語の「」のみを聴き取る訓練をして下さい。その時、一つ一つの単語や、その意味、ましてや文法事項まで意識を向ける必要はまったくないのです。

多くの日本人はその部分を軽視(というか、無視)するため、初めから一つ一つの単語の意味を探り、文法などの「理論」から内容を把握しようとします。だから、いつまで経っても英語を聴き取ることが出来ないわけですね。英語の「意味」を捉えるのは、その後の話です。まずは英語の「音」だけを捉え、どういうリズムか、アクセントか、音程かという部分のみに着目するんです。このトレーニングを先に行うことで英語の「音のかたまり」をうまく捉えることが出来るようになります。

この「音のかたまり」が捉えられるようになればしめたもので、その時点で初めて「意味」を捉えるトレーニングに移行すると良いのです。まずは騙されたと思って、「英語の音」だけを捉えるトレーニングを続けてみて下さい。

その順序でやれば、必ず聴き取り力を向上させることが出来ますから^^
強力なリスニング力を今すぐ身につける必要がある方は、是非私の教本の第二巻「リスニング編」67ページから詳説している「セグメント・リスニング・メソッド」の方法と手順を実践してみて下さい。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年9月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ