他人の英語は上手に聞こえる

隣の芝生は青い」などと申しますが、他人の英語って何となく上手に感じるものです。もちろん、実際上手な人というのもいますが、自分とほぼ互角の英語力であれば、相手の方が上手に話しているように聞こえるものです。これはTOEICや英検の試験でも同じですね。周りの人が自分より優秀な気がしてしまう…。

昔、TOEFLの試験(ペーパーテスト)を受けたとき、周りの受験生のエンピツの音(カツカツ、カリカリってやつ)がどうしようもなく気になって、問題がまったく頭に入らなかったという苦い経験があります^^;しかし、これ、裏を返せば周りだって同じことを感じ、考えているわけです。

英会話だってそう。案外周りの「ペラペラ」っていう人ほど、あなたの英語にビビッている可能性だってあるんです。特に、周りの日本人が知らない、よりネイティブっぽい表現や言い回しなどをちょっとでも使うと、もうそれだけで「あ、英語が得意な人なんだ」って思われるわけです。

だから、英語を話す時にはもっと自信を持った方が良いです。
これも「やったモン勝ち」のようなもので、先にベラベラっと話した方が勝ちなんですよ。で、そのベラベラっていうのは別に何でも良いんです。お得意の英語のフレーズを何個か持っておけば良いだけ。一つの示威行為、パフォーマンスだと思って下さい。そして出来れば、そんなお気に入りのフレーズをたくさん用意しておいて下さい。別にその場その場で機転を利かせて何か新しいことを英作文して口にする必要はないですし、常に予めインプットしたものをアウトプットすれば良いだけの話なんです。

そして、そんなフレーズを自信をもって、大きな声で話してみると、周りは「あぁ、この人には負けた…」と思ってしまうんです。こういうのってちょっとバカらしい虚栄心のようですが、周囲の日本人を尻目に英語をベラベラって口にするのは結構快感ですよ。もちろん、それだけであれば虚しいのですが^^;、一度そういう「優越感」のようなものを感じると、もっと周りを驚かせてやろう、もっと「尊敬のまなざし」で見てもらおう、という気持ちがモチベーションへとつながります。

だから、一度「英語を話せる人」と思われる快感を味わうと、どんどん自信がついて、どんどん英語を話そう!勉強しよう!という気になるんです。いわば「正」のサイクルに入るわけ。これがとにかく重要です。一方、他人の英語に圧倒されっぱなしの人は、どうしても自信をもって英語を話すことが出来ませんから、結局声も小さくなり、声が小さくなると下手な発音・アクセントの場合は相手に通じなくなりますので(ちなみに大声を出すと、発音・アクセントが悪くても通じるものです)、最後はギブアップ…となってしまうのです。

安心して下さい。周りも、実はあなたの英語にビビッています。周りもあなたのことを「出来る人」だと思っているんです。要はそこで周囲の期待に応えること。控えめになる必要はありません。一発カウンターパンチを食らわせてやって下さい。周囲のライバルを蹴散らしてやって下さい。そんな時に有効なのが、私が推奨しているスピーキングの一発逆転ワザです。何故、頭の中で英作文をせずにパッパッとリアルタイムで英語を話せるようになるのか。その方法と手順を教本内で詳しく説明していますので、まずは第一巻「スピーキング編」の24ページ以降をじっくり読んでみて下さい。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ