ペラペラ話せる人が心がけていること

99%の英語学習者が勘違いしていることがあります。それは…単語を覚えて、英文法を勉強し、発音やアクセントを学び、少なくとも英作文(英訳)さえ出来れば、それだけで英語を話すことが出来るようになる・・・ということ。これ、幻想ですからね。確かに、上の通りにやれば英語「らしい」言葉を発することは出来るかも知れません。しかし、それだけでは「会話(コミュニケーション)」は成り立たないのです。

なぜなら英会話では、発信すべき「内容」が何よりも重要だから、です。これは英語に限ったことではありません。日本語の会話だってそうなんです。いくら日本語の難しい言葉を知っていても、ただそれを機械的に並べて口にしているだけでは意味をなさないのと一緒です。重要なのは、「何を」発信したいのか、表現したいのかを話者である「あなた自身」がきちんと意識して把握しているかどうかという点です。

よく、なかなか英語が話せるようにならないと嘆く人がいますが、そういう人に再確認してもらいたいのが「では、日本語であればあなたはベラベラと話を出来ますか?」ということ。案外、私たちの母国語である日本語であっても自分の意見を表現するのが苦手な日本人というのは多いものです。つまり、英語だから話せないというわけではなく、常日頃から自分の発したい意見を明確に意識していないから、会話においてそれが出てこないだけなんです。それは日本語でも同じこと。

だから、英語をペラペラと話せる人というのは、日本語であっても話題が豊富です。本当に、この人は頭の中にいくつ「話のネタ」の引き出しを持っているのか?と思わされるような人がたまにいますが、そういう人は常日頃から好奇心旺盛で色々なことを知ろうとし、吸収しているわけです。

新しい映画があれば積極的に観に行く。新しい音楽があれば積極的に聴いてみる。常に世の中のトレンドにアンテナを張り巡らせ、刺激を受け続けるよう努めているわけですね。すると、自然に会話でのネタというのが増えてきますから、後はこれを英語で話せるようにしておくわけです。実にシンプルな話ですね。

英語が話せないのは、単語力とか文法力とか、そういう表面的な力の欠如だけの問題ではなく、もっと単純な話のネタの欠如表現するという意欲の欠如が原因なのです。特に日本人の場合は、自らすすんで自分の意見を相手に伝えたり、表現したりするのを苦手に感じる人がとても多いので、普段の生活から積極的にこういう点を是正すべく、色々な話題に興味を持ち、またそれに対する自分の意見を明確にしておくことがとーっても重要なんです。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年9月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ