毎日コツコツとやらない方が良いワケ

こんなこと書くと、毎日マジメにコツコツと英語の勉強をされている方にブッ飛ばされそうですが^^; いえ、別に毎日英語の勉強を続けることが苦に感じない方であれば、今日の記事は読み飛ばして下さって結構なんです。そうではなく、もう毎日仕事や家事・育児に追われ、やっと出来た細切れ時間にチョットだけ英語を聴いてみたり、英単語を覚えてみたり、一生懸命努力しているのにちーっとも進歩した気がしないとか、または単に「毎日勉強する」なんて地道なことが絶対に出来ない!という人にこそ読んで頂きたい内容なのです。

英語は、毎日勉強する必要はないんです

いえ、それでは少し語弊がありますかね。英語は「毎日勉強すること」自体が目標になってしまうと危険なんです。いつも言っていますが、すべての英語学習者の究極の目標は…そう、「英語を話せるようになること」です。「英語を聴き取れるようになること」「英語を読めるようになること」「英語を書けるようになること」も含めて、ここでは「英語を話せるようになる」と書いていますが、要するにココがあなたの最終目標なんですよね。

で、最初のうちはそれが目標ということは分かっているのですが、毎日の時間のやりくりや、スケジュールとの兼ね合い、勉強の予定が遅れたり、やる気がなくなったり…という様々な障害が出てくると、いつの間にか目標がズレてくるんですね。「英語を話せるようになること」ではなく、「毎日勉強をしなければならない」ということが目標のようになってしまうんです。そうなると、少しでも勉強できない日があったり、モチベーションが低下したりすると非常に辛くなります。

だからね、そんな時は一息入れた方が良いです。別に毎日英語の勉強をすることが目標じゃないんだから。英語は「話せる」ようになればいいんですよ。要は英語力・英会話力が身に付けば良い話なんです。そもそもは。だから、別にその目標を達成できるのであれば毎日コツコツとやる必要はまったくないですし、むしろそんなことにこだわって意気消沈しているのでは意味がありません。

というわけで。明日からいよいよ連休ですね^^
いつも言っているのですが(今日はこれが多いね)、毎日やらない代わりに、こういう「まとまった時間」が取れる時を有効活用して下さい。いいですか、毎日勉強する必要はないですから、週末とか連休とか、お盆休みだとかお正月休みだとか、そういう「まとまった時間」が取れる時に一気に、集中して英語と接してみて下さい。リスニングなんて、たった一日の集中トレーニングでグーンッ!と力がつくことが多々あるんですよ。もうこれは、やってみたことがある人にしか分からない醍醐味なのです^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ