発音を今すぐ改善する5つのルール

日本人で英語を習得している人であれば誰もが悩む「英語の発音」。今日はこれについて、最近頂いた質問への回答も兼ねて、ここで詳しくまとめたいと思います。まず日本人であれば、英語の発音というものは、冠詞の理解などと並んで「最難関の壁」と言えます。なぜなら、日本語の発音と英語の発音というのは、本当にヒドイ程「共通点」がないんですね。アッチにあるものがコッチにはなく、コッチにあるものがアッチにないという…。

ただ、そうは言っても、日本人なのにまるでネイティブのような発音で英語を話す人がいるのも事実です。そんな人は一体どんなことに気を使って英語を発音しているのでしょうか。

1.ローマ字読みからの脱却
日本人の英語の発音がヒドイことについては、おそらく小学校で習う「ローマ字読み」が一つの原因と言えるのではないでしょうか。かつてGoogleをゴーグル、Yahooをヤホーなどと読んでいる人がいましたが、これなんか典型的なローマ字読みですよね。まず、ローマ字読みの呪縛から逃れること。これが非常に大切です。

2.英語は「子音」が重要ということを知る
あまり難しいことは書きたくないのですが^^;、日本語の音にはすべて母音(a,i,u,e,o)が入っていますが、英語の場合は母音がない子音が多く、これを意識して発音することが重要となります。日本人にとって子音のみの音というのは馴染みのない音なので、それをどう発音するかが難しいのですが、一度癖をつけると今までの自分の発音は何だったのか?と思うほど洗練された発音を手に入れることが出来ます。

3.「BとV」「THとS」「LとR」に特に注意する
他にもたくさん注意すべき発音はあるのですが、まずどこから矯正すれば良いか悩んだら、この組み合わせできちんと区別して発音できるよう特訓してみましょう。これらを意識するだけで日本人的な発音を大幅に改善することが可能です。

4.大きな声でハッキリと、そして堂々と!
この部分がきちんと出来ていなくて損をしている日本人がとても多いです。実はとてもきれいな英語の発音をマスターしているのに、自信がないのか、それとも奥ゆかしいのか、蚊の鳴くような声で英語を話す人がいます(特に女性に多いです)。逆に言えば、多少発音がまずくても、大きな声でハッキリと、そして堂々と話した方が数倍「通じる」ようになります。英語ではボリューム(音量)と自分の意見をハッキリと主張するような「堂々とした」態度・姿勢が大切なのです。

5.フォニックスで基礎を身につける
日本人で発音が上手な全ての人がやっているわけではありませんが、最近「フォニックス」をトレーニングに取り入れている人が増えています。フォニックスは元々アメリカで幼児向けに発音を教えるメソッドだったのですが、ノン・ネイティブが英語の発音を学ぶのにも適しているということで日本でも様々な教材・教本が売られています。効果については賛否両論ありますが、私はお勧めしています。

確かに英語の発音は難しいのですが、面白いことに一度発音をマスターしてしまうと、今度は元の日本人的な発音に戻す方が難しくなるんです。口癖のように、定着してしまうわけですね。最初は意識しなければカッコイイ発音が出来なくても、一旦身に付いてしまうと後は意識せずにカッコイイ発音で話せるようになるわけです。

ただ、いつもお話ししていることですが、これから英語の勉強を始めようという場合には、最初からあまり細かい発音のルールなどにこだわらない方が良いです。最初は「日本人的な発音」であっても通じますから、ある程度話せるようになってから、発音の矯正にジックリと取りかかると良いでしょう。他にもカッコイイ英語のネイティブ的発音を簡単に手に入れる方法などについては詳細を私の教本の方でご紹介していますので、そちらも併せて読んでみて下さい!




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年9月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ