英語を「推測する力」を身につける方法

私たち日本人が英語を読んだり、聴いたりする時、必要となるのはボキャブラリーの量であったり、文法の知識であったりするわけですが、実はそれらと同等、あるいはそれ以上に必要となる力があります。それが「推測力」というもの。

結局、私たちはどんなに頑張っても、子供の時から英語を母国語として育ったネイティブとまったく同じレベルで英語を理解したり、表現したりするというのは難しいんですね。これは英語を第二習得言語として身につける人の宿命のようなものです。そこで重要となるのが、自分が知らないボキャブラリーや表現、文法的な要素に出くわした時、それまでの会話の流れや文脈等から、如何に想像力を働かせて、相手の言わんとすることを推測して汲み取れるかという点です。

で、この「推測力」というのは「想像力」に依存するところが大きいのですが、これについては普段から、ちょっとしたトレーニングを行うだけで簡単に力を身につけられるものです。例えば英語を読む時。リーディングしていると、当然ながら知らない単語や表現に出くわすことと思いますが、この時に「わからない!」と思ってすぐに辞書を引くのを待って下さい。

すぐには辞書を引かず、その不明な単語や表現が、一体どんな意味なのかを必ず一度推測します。それは前後の文脈や単語の接頭辞や接尾辞から想像するのでも良いですし、常識から考えてみるのも良いですね。ちょっと話が変わりますが、俗に言う「空気が読める人」というのは、こういうの得意なんです。何かその場の空気を掴んで流れを把握する能力に長けている人というのは、話の筋から細部を推測できる力があるんですね。

で、話を元に戻しますと、とにかく知らない単語や不明な表現に出くわしたら、すぐさま辞書を引かずに、その前にダメもとで構いませんから自分なりの想像で意味を書き出しておくのです。そして、それから辞書を引くわけ。当てずっぽうの訳ですから当然間違っているかも知れませんが、大事なのは「わからない語や表現に出会った時に、推測する癖をつけること」なんです。

これはリスニングの時にも言えます。英語の音声を聴いていて、何箇所かどうしても意味が分からない!という時には、詳しく調べたり答え合わせをしたりする前に、必ず自分の推測で意味を書き出してみて下さい。これが当たっていようと外れていようと、そんなことはどうでもいいわけ。問題は、わからない表現に出会った時に、(ダメもとでも構わないので)自分で推測する「癖」をつけることなのです。

そして、一度でもこの癖がつくと後は楽になります。日常英会話でも、英字新聞を読む時でも、わからない時に「推測」して内容を把握する癖がついていると、それだけでも理解力がグンと上がります。ぜひ、この「推測」の癖をつけるようにして下さい^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ