「より単純に」が英語勝利の公式

先週は、私の教本を読んで下さった方からたくさんのコメントを頂きました。皆さん、ものすごく喜んで下さって、また英語の習得に自信がついたようで、その調子でガンガン、ご自身の「バイリンガル化」計画を進めて頂きたいと思います^^

中でも一番嬉しいコメントを下さったのがNさん(女性)。非常に長い感想メールでしたので、すべてを掲載できないのですが^^;、「渡邊先生の言われている『英語は単純』ということが初めて理解できました」という主旨のメールを頂きました。この「英語は単純」という事実ですが、これまで何度もメルマガやブログでもお話ししていますので、もうとっくに皆さん理解されていたかと思っていたのですが、やはりまだまだ理解されていない方もいらっしゃるようですね。

よく、英語を勉強していくうちに、どんどん「難しいこと」にこだわっていく人がいます。確かに英語の試験対策などでは、どんどん難しい問題に挑戦していくこと自体は間違ってはいないのですが、これも程度の問題で、あまりに難解な問題ばかりを解くことが出来ても意味がないことに気付いて下さい。むしろ、英語の習得を上手に進められる人ほど「単純化」という公式をよく理解されています。

例えば英会話においても、難しい単語や言い回し、表現などを使えば、それが「高度な英会話」だと信じて疑わない人がいます。つまり、日本人が知らないようなハイレベルな単語や表現を使えば、それが「ネイティブ」風だと勘違いしているわけですね。

これは英語のライティングにも言えます。非常に簡単な内容について、あーだこーだと難しい言葉で飾り立てている人がいますが(いわゆる文化人とか知識人を気取っている人に多い傾向ですね。政治家にも多いです。)、それは「良い英文」とは言えないのです。

英語というのは言葉であって、言葉というのはコミュニケーションの手段・道具ですから、伝える相手にとってなるべく「わかりやすい」ものがより「良い」わけです。そのために「単純化」する必要が出てくるんですね。言ってみれば、難しい内容をより平易な言葉で表現できることが、本当の意味での「表現力・語学力」と考えて良いでしょう。

それを履き違えて、他の人が知らないような難解な言葉を使うことが、ハイレベルな英語表現だと思っている人が本当に多いのです。それは単なる「背伸び」に過ぎません。虚栄そのものです。知識をひけらかして、自分の優位性をアピールしているわけですが、虚しいですね^^;

英語を勉強していて、何かを相手に伝えたいと思ったら、なるべくシンプルで単純な表現が出来ないか注意してみて下さい。簡単な単語を使ったら恥ずかしいのではないかとか、笑われるのではないか、なんて思う必要はありません。むしろ、英語を完璧に話せるわけでもないのに、難しい単語をやたら使うと相手から「?」というような顔をされてしまうものです。常に、今自分が使っている英語が少しでも難しい、ややこしい表現ではないか?と感じたら、それを他の(もっと簡単でシンプルな)言葉で表せないか考えてみましょう。すると、あなたの英語はどんどん洗練されていきます。英語というのは、そういう「単純」な言語なのです。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ