リスニング、なぜ全て聴き取ろうとするのですか?

英語のリスニングというのは、当然のことながら「英語を聴き取る」ことですから、皆さん「聴き取ろう、聴き取ろう」と頑張るわけです。ただし、実を言うとこの「聴き取ろう、聴き取ろう」という姿勢(強迫観念)が逆にリスニングを難しくしている原因とも言えます。特に英語の試験の対策としてリスニング力をつけようと頑張っている人ほど、「聴き取ろう」「聴き取れないとマズイ」「すべて聴き取らなければ!」という強迫観念に縛られてしまいます。

もちろん「聴き取る」ことが目的なのですから、そのような強迫観念にとらわれることは、ある意味仕方がないことなのですが、大きなヒントを差し上げるとしたら…「そんなに躍起になって聴き取ろうとしない方が聴き取れるようになりますよ」ということです。「聴き取ろうとしない方が聴き取れるようになりますよ」…なんて、ちょっと意味わかりませんが^^;、でも本当のことなんです。

ディクテーションというトレーニングがあります。これは英語の音声を繰り返し聞きながら、すべての単語を書き取るというもので、脳にとても高い負荷がかかりますのでリスニング力アップにとても効果があるのですが、実際の英会話ではこのような聴き方をしてはいけません。どちらかと言えば、このディクテーションというのは、英語音声に特有の表現や単語と単語のつながりによる「音の変化(リエゾン)」等を捉え、英語の音声的なボキャブラリーを増やす目的で行うものです。

一方、一般的な英会話やリスニングの試験などでは、そのような「一字一句逃さずに聴き取る方法」ではなく、重要なキーワードのみを拾い集め、それを再構築し、内容を一般的な常識や既知の情報と照らし合わせ「推理」して理解するといったアプローチが適しています。
だから、「英語を聴き取ろう、聴き取ろう」とムキになればなるほど、「聴き取れない」泥沼にはまってしまうのです。

この際ですから、ハッキリ言っておきましょう。英語の音声は「すべてを聴き取ろうとしたら負け」です。その時点でもう聴き取れるようにはなりません。「え~、そんなことないでしょ。すべての語句が聴き取れて初めて内容を完璧に理解できるのでは?」と思われる完璧主義の方もいらっしゃるかも知れませんが、それは幻想なのです。それは理想的かも知れませんが、非現実的な期待に過ぎません。

もっと、力を抜いて英語の音声を聞いてみて下さい。一字一句に集中するのではなく、全体的な流れとか、一歩下がって見渡す(聞き渡す?)感覚です。これって、ちょっと例えが変かも知れませんが、雪道でフルアクセルにしたら絶対にクルマを発進出来ないのと似ています。滑って空回りしてしまうんです。だから、力を抜いて、ソロソロと走り出す。すると、うまい具合に動き出すわけです。

リスニングも、「絶対に聴き取ってやる!」「すべて聴き取る!」といった、必要以上に力が入った状態では全体像を捉えられなくなります。だから、少し力を抜いて、「全部聴き取ろうとせず」に耳を傾けるとスルスルと内容が頭に入ってくるんです。
この「力の入れ加減」に注意してみて下さい。おそらく、それだけで聴解力に大きな差が出るはずです^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年8月20日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ