英語の勉強を強制的に習慣化する方法

結局、どんな人が英語を話せるようになるのかというと、やはり習慣的に英語を口にしたり、読んだり、または聴いたり、書いたりすることが出来る人なんですよね。たいていの人は、それが出来ないから、最初は「よしやるぞ!」という気持ちになっているのですが、1週間、10日、半月、一ヶ月経つともう「…」となってしまうのです。

一方、短期間で結果を出せるタイプの人は、別に一日何時間も勉強するわけではなく、自分に出来る範囲で(=自分が心地良いと思える範囲でココ重要!)楽しみながら英語の勉強を続けます。で、どうすれば英語の勉強を続けられるかという話なのですが、これはもう無意識のレベルまで落とし込んで「習慣化」することがベストです。「よしやろう」「勉強しなきゃ」というレベルではまだまだなのです^^

習慣化というのは、まぁ要するにあなたが日常的に、特別に意識しなくてもやっていることと同じ感覚で、「当然」という感じで行えるようにすることですね。例えば、朝起きて顔を洗ったり、歯を磨いたり、トイレに行ったり...というものと同じ感覚で英語の勉強が出来るようになると最高です。要するに、英語の勉強をすることが当然という感じ(やらないと気分が悪くなるという感じ)になるまで習慣化出来れば怖いものはありません。

これを強制的に行うには、やはり現在既に習慣化していることの一部に英語の勉強を取り入れるのが一番ですね。例えば、ネットでいつもお決まりのサイトを閲覧することが習慣となっている人であれば、お気に入りの英語サイトを追加してみるなんてのも良いでしょう。夕食前に一杯飲むのが習慣の人は、その時間に海外ドラマの一回分を観るようにするとか、とにかく「今すでに習慣化しているもの」に絡めて英語の勉強を取り入れるようにすると、半ば強制的に英語の勉強(英語と接する時間)というものを習慣化することが出来ます

何もないところからいきなり「習慣化」しようとするよりも、この方が随分ラクですし、効果が高いのです。ぜひやってみて下さい^^

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ