調子が良い時にこそヒントが隠されている!

先日、「英語は『言葉』なんだから、調子の良い時もあれば、悪いときもある」というような主旨のお話をしたところ、たくさんの方から「安心しました」といったメールを頂きました^^ そうなんです。英語力っていうのは常に一定とは限りませんから、あまり一喜一憂しないで、平常心でいきましょう。で、今日お話ししたいことは、そのお話の続きのようなものなのですが…

調子が良い時にこそヒントが隠されている」ということ。英語を少しでも話せるようになった方なら、この感覚がわかるとは思いますが、やけに「英語がスムーズに出てくるな」とか、やけに「英語が聴き取れるな」という日ってありますよね。いつもは全然聴き取れないのに(話せないのに)、普段と違ってやけに調子が良いという日。

実は、そんな日のあなたの英会話には何か「ヒント」が隠されているはずです。それはもしかしたら、ただ単に体調が良かったのかも知れません。ただ単に気分が良かったのかも知れません。ひょっとしたら天気や気候のせいかも知れませんね。しかし、英語を話したり、聞いたりする上で何か明らかに「違い」に気付けたら、それがあなたの英語をグンと洗練させる大きなヒントになり得ます

例えば私の場合で言えば、英会話の内容が自分で想定していた通りの話題になった時は、英語がスムーズに口から出ました。また、英会話の前に長々と洋画を観ていたら、やけに聴き取りが出来ると感じました。これは人によっても違うと思います。前にも書きましたが、多少アルコールが入っている方が饒舌になるとか、相手が純粋のネイティブでない(例えばアジア系)外国人の方が緊張せずにスムーズに話せるとか。いろいろな「調子の良い」パターンというのが人によって存在するのです。

そして、なぜ「調子が良くなるのか」その原因を探ってみると良いです。必ずそこに何らかの理由が隠されているからです。調子が悪い時に、失敗した英会話を何度も思い返しては落胆・失望している人がいますが、そんなところにはヒントは隠されていません。むしろ調子が良い時に、あなたの英語をより洗練させるヒントやコツが隠されているのです。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年7月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ