不幸を呼び込む人、成功を引き寄せる人

格差社会とか「勝ち組」「負け組」なんて言葉が流行りだしてからもう暫く経ちますが、100年に一度の不景気だのと言われてから、最近では幾分景気も持ち直しているそうです。本当かどうかは定かではありませんが^^; そういえば先日「渡邊さんのような人生の『勝ち組』になりたいです」というメールを、ある読者の方から頂いたのですが、果たして私が人生の『勝ち組』かどうかはわかりませんが^^;、一つだけ確実に言えることがあります。
それは…

私は「成功を引き寄せるタイプ」の人間であるということ。こんなこと書くと「よくもまぁ恥ずかしげもなく、自分でそんなこと言えるね」なんて言われそうですが…。少なくとも私はタイトルにある「不幸を呼び込む」タイプの人間ではありません。

ちょっと前に流行った「引き寄せの法則」ではありませんが、俗に言う「ネガティブな人」というのは自分でどんどん「不幸」を引き寄せます。そんな人は常に「不安」「恐れ」「不信」「批判」「悲しみ」「憎しみ」「絶望」といった否定的感情に支配されています。常に自分の身に何か不幸なことが起きるのではないかと心配し、どうせ何をやっても自分にはうまく行かないと投げやりな態度になっているんですね。

当然、常日頃から「自分に出来ない」「不可能」「無理」「成功するわけがない」と言い続けているわけですから、結果はいつも「失敗」「挫折」「敗北」ばかり。自分でそれを引き寄せているんですから、ある意味仕方がないです。

一方、「成功を引き寄せる」タイプの人間は常に肯定的な感情に支配されています。と、ここで「支配されています」と書いたのは少し語弊がありますね。少なくとも「成功を引き寄せる」タイプの人は、「意図的に」否定的な感情を避けているのです。

別に四六時中「肯定的な感情」になって浮かれているワケではありませんよ^^; 人間ですから、時には悲しくなったり、不安になったり、否定的になったりします。これは当然の感情の動きですし、逆にいつでも笑っていられる人はどこか頭の具合を心配した方が良いでしょう。

そうではなく、「成功を引き寄せるタイプ」の人は、意図的に、意識して、なるべく否定的なことは考えたり、口に出したりしないように努めているのです。なぜなら、思考は現実化するからです。思考は、現実の世界の結果に直接影響するからなんですね。時にこの努力は大変なことがあります。私もかなり楽天家ですが、時には泣きたくなることだってあります。辛くて悔しくて、もう何もかもイヤになることだってあります。しかし、それでも自暴自棄にはなりません。

そんな時はさっさと気分転換します^^ お気に入りの音楽、食べ物・飲み物、香り、人々等々によってなるべく早く否定的な感情から自分自身を遠ざけるのです。すると、また楽しい気分がやってきます。「大丈夫!」「安心!」「楽しい!」「嬉しい!」「うまくいく!」「最高!」「愛してる!」「愛されている!」…世の中にはたくさんの素敵な言葉、感情が溢れています。それらを無視して、わざわざ否定的な方を拾い集めては溜め息をつくこともないでしょう^^

さぁ、今週も楽しくいきましょう!明るく、楽しく、ポジティブに
きっと何かステキなことが起こりますよ^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ