理想的な英文法の学び方

たまに「英文法の勉強の仕方を教えて下さい」というメールを頂きますが、日本人はどちらかと言えば、「読み」「書き」の英語が得意という人が多いので、英文法の勉強に抵抗感を示す人は少ないですね。人によっては英文法のような決まりごとが大好きな人がいます。例えばYahooの「知恵袋」や「教えてgoo」などでは、誰かが英語の質問をすると、そこにたくさんの回答が寄せられます。そこで英語の文法に関する論争が起こることもしばしばあるようです。

英語が苦手なはずの日本人ですが、ことに英語のルールとなると目くじらを立てて(目くじら立て子さん!)自説を主張します。まぁそれはそれでいいことでしょう^^; (決して「暇人が!」なんて言ってはいけません)ところで、英文法の学び方についてですが、あなたはどのように勉強をしていますか?やはり、英文法の参考書かなんかをじっくりと読み、問題集を解いたりするのでしょうか?

それはそれでいいのですが、実はもっと「効率的」かつ「効果的」な英文法の勉強法というのがあります。それは、英文法だけを独立させて勉強するのではなく、あくまでもリーディングやライティングといった「書き言葉系」のトレーニング・勉強の一環として行うというものです。英文法の項目ってありますよね。例えば時制とか、冠詞とか、不定詞とか、文型とか、そういうやつです。これらの「項目」っていうのは、英文法をわかり易くするために(またはわかり易く説明するために)大雑把に分類したものです。

英文法の各項目というのは、単に英語の実例を英文法的に分類した名称のことですから、別にそれぞれの項目自体(分類名)が重要なわけではありません。むしろ、英文法はそのように分類名で区切って勉強すべきものではないのです。理想的な勉強方法は、英語を読んだり(リーディング)、書いたり(ライティング)する上で直面する「疑問」や「わからないこと」を調べる上で、英文法書を紐解くというアプローチ。いわゆる「逆引き」のような勉強法が最高と言えます。

この場合、自分自身は「わからないこと」「不明なこと」「疑問」に直面しているわけですから、どうしてもその疑問を「解決」したいと思います。すると退屈な英文法書なども、非常に熱心に(!)、興味深く読むことが出来るんですね。一方、従来のやり方ですと、英文法は「英文法の勉強」というように枠を作ってしまい、その中で英文法の参考書などを、分類された項目別に一から丁寧に読み進めるアプローチを取る人がほとんどですが、大抵の場合は途中で面倒臭くなったり、退屈になったりして、挫折してしまいます。人間は興味・関心を持てない対象に長時間向き合えないのです。

従って、英文法は項目ごとにそれだけを詳細に勉強するのではなく、「英文法の勉強」といった枠組みをまず取り払って、読み(リーディング)や書き(ライティング)といったトレーニングの一環として、その都度直面した疑問やわからない点を解決する手段として学んでいくことがベストと言えます。これは試験対策を目的とした勉強であっても、同じことが言えますので是非参考にしてみて下さい。




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年7月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英文法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ