短期集中がカギです

私のホームページで英語勉強法の質問を募集したところ、
色々とメールを頂きましたので、これらのご質問への回答
という形で色々とアドバイスさせて頂きます。

質問:私はこれまでたくさんの英会話教材を試してきましたが、
   どれも長続きせず、結局今も英語が話せないままです。
   どうすれば長続きするでしょうか?
   また効果的な英語の勉強法を教えて欲しいです。

はい。実は上のような質問がほとんどだったんですよね…。

とにかく、皆さん英語の勉強手段があり過ぎて、また英語の情報の洪水に
溺れてしまっている状態で、アップアップしているように感じます。

こっちを試しては、あっちを試して…という繰り返しですね。

典型的な英語教材コレクターと言えると思います(ゴメンナサイ)。

ところで、気になったのは「どうすれば長続きするでしょうか」という
ところ。

これ、本当に多くの人が誤解しているので、はっきり申し上げますが、
「長続き」させることが目標ではないんですよ。

日本人は本当に汗とか、涙とか、血とか、我慢とか、忍耐とか、そういうの
大好きなんですよね…。

そういうのは、特に英語の習得においては、まったく意味がありません。

ある程度英語をマスターしてからは、継続的に細々と勉強するのも良いと
思いますが、今英語を話せない人は、あるレベルまで一気に短期間で
上達させてしまった方が良いです。

そういう勉強の仕方が一番効果的と言えます。

私の場合は3ヶ月という期間を先に設定しました。実は留学する予定が
あったため、3ヶ月しか時間がなかっただけの話なのですが…。

でも、そのように短期間の期限を設定し、その期間に少なくともこれだけは
マスターするぞという目標を立てる方が継続は力なりなんて言いながら、
いつまでもダラダラと勉強するよりも遥かに効果的です。

私の周りで英語をマスターした人は必ずと言っていいくらい、短期間で
習得しています。

3ヶ月、長くても半年、1年以上はかけないで下さい。

もちろん、英語の勉強自体は終わりがあるものではありません。
人間、常に死ぬまで勉強、勉強、勉強の連続です。

しかし、英語が話せるようになる最初の突破口に辿り着くのに、
何年もかけていてはダメです。これはもう数ヶ月である程度のレベルを
マスターするくらいの意気込みでいって下さいね。

次号からはさらに効果的な勉強法の具体的な内容についてご紹介して
いきたいと思います。

乞うご期待!

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2006年7月20日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語勉強法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ