知識だけではない、英語ペラペラの三要素とは

英語を母国語ではなく第二習得言語として口にするには、ただ単に英語の知識(ボキャブラリーや文法、その他のウンチク等)を知っているだけでは不十分と言えます。だから、英語の勉強が大好きな、または英語の知識的要素ばかりを追う、いわゆる頭デッカチの英語オタクに限っていつまで経っても英語がヘタクソ(!)ということが往々にしてあるのです。それでは、私たち日本人が英語をペラペラと話せるようになるために身につけるべき知識以外の要素とは一体何なのでしょうか?

陽気で明るい性格
英語をペラペラ話せる人に特有なのが、誰とでも気さくに話せる陽気で明るい性格です。いわゆる「人見知り」をしないタイプの人ですね。初めて会った人でも、すぐにその場で「友達」のように話せる気質の人は英語だけに限らず、他のどの言語でも容易に習得できる傾向があります。

この点は実は多くの日本人の弱点でもあり、大半の人は英語を充分に話す知識、ポテンシャルがあるにも関わらず、初対面の相手に対する抵抗感、恐怖心が潜在的に心のどこかにあるため、うまく話せない場合があります。

これは英語力というよりはコミュニケーション能力の問題といえますが、本人の気持ちや性格的な問題ですので訓練次第で矯正が可能です。自分はコミュニケーション下手だとか、恥ずかしがりやだとか、内向的だとか、人見知りするタイプだと自覚しているのであれば、この部分を矯正するだけで、いきなり英語が話せるようになることも珍しくありません。

細かいことを気にしない気質
日本人は真面目で几帳面な人が多いです。本当に細かいことをやらせたら世界一なのではないでしょうか。日本が技術大国である理由は、おそらくそういった日本人の気質にあるのだと思います。

しかし、英語の習得となると、あまりに細かいことばかりに目を向けているといつまで経っても話せるようにならないのも事実です。例えば英文法を何か数学の方程式のように捉える人が多いのですが、英語は数学のように1+1が常に2とは限りません

言葉は非常に感情的なものです。常に科学的に割り切れるものと捉えると、必ず矛盾に苦しみます。物事をキチキチっと処理できなければ気が済まない神経質なタイプの人は英語の習得に向かないのです。それよりは、相手は言葉なのですから、例外・矛盾が一杯あってもOK、どんぶり勘定でザックリといける肝っ玉、度胸、器(うつわ)の大きさが求められるわけです。

能動的で好奇心旺盛であること:
英語だけに限らず、新しい物事を勉強したり身につけたりするという行為は、常に能動的であるべきです。これらは他人に「これやって」「あれやって」と指図を受けて身に付くものではないのです。その典型的な例が、学校での英語教育ですね。先生に「あれやれ」「これやれ」と半ば強制的に学ばされた英語というのは、ほとんどの場合役に立ちません。

もちろん、自分を「強制的に勉強しなければいけない環境に入れる」ということも時として重要であり、また功を奏することも多いのですが、理想としてはその前に「自ら」能動的に英語の勉強を行える方が良いわけです。

そのために必要なのが「好奇心」ですね。好奇心が旺盛な人というのは、常に英語の習得に貪欲です。ネイティブの表現を盗んで自分のものにしたり、自分の言いたいことを英語で表現するにはどうすれば良いのかを「能動的」に調べようとします。

以上が、英語を身につける上でとても重要な「知識」以外の要素というわけですが、そのほとんどが「性格的な要素」と言えます。英語の勉強はそれなりにしてきた、知識もボキャブラリーも、文法も十分に知っているのになかなか上手く英語を話すことが出来ないという人は、一度上記のような「性格的な要素」についても考えてみて下さい。たったそれだけのことで見違えるように話せるようになることがあります。「明るく、楽しく、前向きに!」 これ、何事にも当てはまりますから^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ