能動的な英語の勉強のすすめ

例えば同じ日本人であっても、3ヶ月間英語の勉強を真面目に行ってみて、ある人は所謂「ペラペラ」の状態になれる場合と、ある人はまったく何も身に付かず骨折り損に終わることが多々あります。これは別に結果を出せた人が3ヶ月間より多くの時間を勉強に費やしたとか、逆に結果を出せなかった人がサボっていたとか、そういう話ではありません。どちらも同じ時間を費やし、勉強内容もトレーニングもまったく一緒での話です。

また、結果を出せた人に特別な才能があったとか、結果を出せなかった人が言語能力的に劣っていたからとか、そういう話でもないのです。このような例は実は本当に多く、むしろ結果を出せなかった人の方がより長く英語の勉強をしていたのに…というケースもよく聞きます。実際に勉強の内容を聞いてみても、どこにも間違ったところはなく、かなり真面目に、几帳面にやっていたことが分かるくらいです。

では、一体この差はどこから来るのでしょうか?もちろん、このような問題には様々な要因が考えられるものですが、実は一番大きな要因として英語の勉強を「能動的」に行っているか、行っていないかという点が挙げられるのです。

能動的な英語の勉強」とは?能動的とはつまり、自らの意志をもって積極的に行動することです。これに対する言葉が「受動的」ですね。受け身のことです。実は英語の勉強においては、「能動的」な姿勢が常に求められます。これはつまり、常に自らの意志で「あれをやろう、これをやろう」と計画を立て、戦略的に勉強を進めることですね。人に何かをやれと言われて仕方なくやるのではなく、自らのモチベーションに基づいた英語の勉強と言えます。

また、それだけでなく「能動的」な英語の勉強では、如何に自分自身が勉強内容に没頭できるか、楽しめるか、といった部分も重要となります。つまり、単に同じ時間「勉強」さえしていれば良いという問題ではなく、実際にその勉強が興味深く、心の底から楽しく思え、もっと色々なことを知りたい!と感じられなければいけないのです。

これを端的に表せば、「ワクワク」しているか、していないか?ということになります。

英単語や英文法をただ単に機械的に暗記しようとしている…
英文を読むことがお決まりのルーチンワーク化している…
ただ「聞き流す」だけのリスニング・トレーニングをしている…
楽しくも無い英会話スクールにただ惰性で通っている…
会社や学校で「強制的」に英語の試験を受けさせられるので仕方なく…

…これらはすべて「能動的」とは程遠い、まさに「受動的」な英語の勉強と言えます。なぜならそこに「ワクワク」感が一切ないからですね。こういう英語の勉強をいくら続けていても、ハッキリ言って何の得にもなりません。ただ、労力と、時間と、お金だけを浪費し、そして残るのは疲労感と敗北感、自己嫌悪と自信の喪失だけなのです。

それでは、どうすれば「ワクワク」感一杯の「能動的」な勉強を行えるようになるのでしょうか?それにはまず、自分が倒すべき「英語」という敵の全貌を知る必要があります。それを先に知らないから、ただガムシャラに戦い続けることになり、その結果、毎日の英語の勉強が「作業化」し陳腐なものとなってしまうのです。

次に常に自分のモチベーション(特に自分の心の底にある本当のモチベーション)を意識する必要があります。これを明確に自覚していないと、何のために勉強しているのかが分からなくなり、結果として毎日の勉強がルーチンワーク化するわけです。「やっつけ仕事」のようになってしまうんですね。また、少しでも毎日の英語の勉強に「結果」が見えないと、これもすぐに辛くなってしまいます。人間というのは真っ暗闇の中ではなかなか希望を見出すことが出来ないものです。ほんの少しでも光が見えれば、そこへ向かって進もうという気持ちになれます

そして、その光が日に日に大きく、明るく輝くようになるのを目にすることが出来れば、毎日の勉強も「ワクワク」したものになるはずです。これが「能動的」な英語の勉強というもの。ぜひ、今一度あなたの現状が「能動的」であるか「受動的」であるか、確認してみて下さい^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ