英語の表現、どんどんパクッちゃおう!

英語が得意な人には一つの悪癖があります。それは、人の(英語の)表現をどんどんパクッてしまうというもの(ちなみに「パクる」というのは「盗む」とか「真似る」とか、そういう意味です。念のため…)。これを悪癖と言えるかどうかは分かりませんが^^;、とにかく英語の上手な人に限って、「これだ!」と思った表現やフレーズをどんどん、積極的に自分のものにしてしまうんですね。

相手はネイティブ・スピーカーや外国人に限りません。日本人であっても、自分より上手な英語の表現を使っている人がいれば、その表現をパクッてしまいます。あ、これ使えるな…と思ったら、すぐに真似て自分の言葉にしちゃうんですね。実は、私も自分の話す英語のほとんどが「パクリ」です。いえ、今英語を話せる人は皆そんな「パクリ」で話せるようになっているんですよ。

今英語をまったく話せない人からすれば、英語を話せる人というのは、たくさんの単語を知っていて、文法も理解していて、それらの知識を駆使して頭の中で色々な英語の表現をその場で作って(翻訳して)ペラペラ話しているんだろうな~なんて思われているのかも知れませんが…。そんなのはハッキリ言って「幻想」です。

単語をいくら覚えても、英文法を詳しく勉強しても、英語なんて話せるようにはなりません。たった一つ、一番手っ取り早いのは、今英語を話している人がいれば、その人の表現やフレーズをパクって自分のものにすることなのです。何も高い教材を買ったり、英会話スクールに通ったりする必要はありません。今の世の中であれば「パクる」ためのお手本はいくらでも安く、時には無料で手に入れることが出来るのですから。

レンタルDVDで洋画や海外ドラマを借りてみて下さい。パクるためのネイティブ表現の宝庫です。こんなのを週末にガンガン観て、表現やフレーズをパクりまくるのです。どんどん自分の言葉にしてしまうのです。こんなに簡単で、安上がりで、しかも楽しく、効果的な英語上達法はこの世に存在しないのではないでしょうか^^

雨の週末は、洋画や海外ドラマのDVDでも借りてきて、家でがっつりと「英語表現のパクリ」トレーニングでもやってみて下さい。それだけで月曜日には英語力が確実に一段階レベルアップしているはずです^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年7月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ