その「至福の瞬間」は唐突にやってくる

英語の勉強を続けていて、毎日一生懸命にやっているのになかなか結果が出ないなぁ…と思われていませんか?それは本当に辛く、もういい加減イヤになってしまう人もいるかと思います。自分としては一生懸命やっているつもりなのに、日常会話はおろか、試験のスコアも結果もまったく日々の努力を反映せず(むしろ悪化している場合もあるわけで…)、ただ毎日黙々と英語を聴いたり、単語を暗記したり、文法を調べたりの繰り返しで、一体何が変わっているのか…。こういう時期が一番イライラしますし、正直言って辛いものです。

経験的な話にはなりますが、そのような日々の努力が実を結ぶ時、すなわち「英語力がついたと実感する時」というのは、非常に唐突に、ある日突然やってくるものなのです。これは本当に、徐々に「英語力がついてきたな」と感じるものではなく、ある日何の予告もなく「ガツン」と体感できるものなんです。それは例えば、外国人との会話などで「あれ、今日はヤケに英語がスラスラ出てくるし、相手が言っていることが理解できるな」と感じる瞬間であったり、TOEICなどで突然100点程度の大幅なスコアアップを達成することで実感出来たりします。

私の場合も、「あれ、オレ英語を話しちゃっているよ…」と日本語で頭の中で感動しながら、アメリカ人相手にベラベラと英語を話していた瞬間を今でもよく覚えています。おそらく、その瞬間が「その時」だったのでしょうが、そういう最高の瞬間というのは人生でそう何度もあるものではありませんね^^ 実に気持ちの良い、「快感」という言葉だけでは表しきれない、至福の瞬間です。そして、今英語をマスターしてしまっている人というのは、ほとんどの方がそういう「瞬間」を体験されています。これは徐々に「何となく英語力がついているな」と感じるのではなく、明らかに大幅な進歩を体感するわけですね。ガツンとした手応えをある日突然感じるわけです

で、そんな「至福の瞬間」を皆さんも早く体験したいと思われていることでしょうが、そのために必要なたった一つの秘訣があります。それは…「今、一歩の実践を怠らない」ということ。あきらめてはいけないんです。

これまでずっと勉強していて一向に英語を話せるようにならない…
毎日英語を聴いているけれどまったく聴き取れるようにならない…
一生懸命努力しているのにどうしてもボキャブラリーを増やせない…

人によってその悩みは様々ですが、「無理だ」と思って諦めたらオシマイですから。いつでも、今の状態から「一歩の実践」を続けて下さい。決して立ち止まらないで下さい。今、一歩の実践を行うだけで、「その瞬間」は今夜やってくるかも知れません。ただ、諦めたら、そこですべてが「終了」してしまうのです。だから、挑戦し続けて欲しいと思います^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ